トレンドアフィリでライバルチェックによる複合キーワードの見つけ方

スポンサードリンク

トレンドアフィリエイトにおいて、アクセス数を増やすためのキーワードに関するノウハウについて解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

ライバルチェックの方法について具体的にどのようにするのか、どういったツールを使うのかを解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

・検索ボリュームの大きいキーワードは検索数が多い
 →その分ライバルが多く、上位表示が難しい

・複合キーワードを盛り込むことで対応
 →検索ボリュームが減る代わりにライバルが大きく減る

【複合キーワードの探し方】

・Yahoo!検索の「虫眼鏡ワード」

・関連キーワードツール「goodkeyword」

・Googleサジェストキーワード一括ダウンロードツール

・なるべく多くリストアップする

・他のサイトへのアクセスが目的の複合キーワードはリストアップする必要なし

・自分の店舗の地域と無関係、自店では行っていないサービスに関する複合キーワードも無視する

・店舗ビジネスをしている人の場合、地域を絞れないので来店客数の増加にはつながらない
 →アクセス数を増やすためにも必要、最終的に来客数を増やすことにつながる

・複合キーワードは3個、4個の場合もあり、増やすごとにライバルが減り上位表示しやすくなる

【ライバルチェック】

・自分が狙っているキーワードの上位にどのようなサイトが存在しているかをチェックする作業

・ピックアップした複合ワードで自分のサイトが上位表示で得着るかどうかを調べる

・ライバルチェックの際に、検索結果の上位にSEOが弱いサイトであれば、自分のサイトを上位表示させやすくなる

【SEO難易度チェックツール】

・空欄にキーワードを入力することで、そのキーワードの難易度を調べられる

・難易度が「30」以上の場合は候補から外す

・「判別不能」や「詳細なチェックが必要」な場合は、目視によってライバルチェックを行う
 ↓
・「シークレットモード」や「プライベートモード」で検索をかけて調べる

・検索結果の1ページ目に、その複合ワードを全て含んでいるサイトがどれだけあるか調べる
 →ほとんどなければねらい目

・多い場合には、そのサイトが「大手サイト」かどうか調べる
 →大手サイトが多い場合には避ける(SEOが強いから)

・ライバルチェックは自分のブログサイトの強さで異なる
 ↓
・実行と検証を繰り返して制度を高める

・最初から完璧を求めない

・全ての複合ワードを一気にやるのではなく、数個ずつ実践する

【キーワードの盛り込み】

・メインキーワードは「タイトル」や「metaタグ」、「ブログ説明文」に盛り込む

・複合ワードは記事に使っていく

・記事タイトル文に複合ワードを全て盛り込む

・キーワードの部分は順番や表現方法を変えずに、なるべくキーワード以外の言葉を亡くして最小限の日本語で組み立てる
 →タイトルの先頭に余計な言葉を入れない

・タイトルは長くても30文字以内でおさめる

・記事冒頭の文章では特にキーワードを盛り込む
 →使いすぎに注意

・適度にキーワードを含めた文章の後に、自店のサービス紹介やPRを記載する

・「書きたいこと」ではなく、ユーザーが検索しているキーワードをもとに記事を書く
 →サービス内容とは直接関係のない記事も書く

・1記事500文字以上、ユーザーを満足させる量と質

・毎日コツコツ記事を更新する

《一言》

長いですが、アクセス数を増やすためのキーワードに関するテクニックを解説しているので、その内容は確実にマスターしたいです。

ブログアフィリエイトの場合でも、店舗用のブログであっても、アクセス数を集めることで利益につながっていきます。

ユーザーがどのような情報を求めているのか、どういった内容であれば注目されるのか、確実に把握してキーワードを選び、ライバルチェックも怠らないようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ