集客できるブログとは?同じネタでも多くの人に有益な情報を書く方法

スポンサードリンク

ブログで集客することを考える場合において、より多くのユーザーを引き込むことができる記事の書き方について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

具体的なケース(車屋)を例に挙げて「どんな記事ならOK」「こんな記事はアウト」と言う内容を分かりやすく解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

・ブログでの集客は、その「9割」が集客できていない

・「自分が芸能人であるかのようなブログ」を書いている
  ↓
・「〇○食べてきました」「〇○が可愛いですね」とか「今日は~、本日はありがとうございました」

・「ありがとうございました」で終わるのはNG
 ↓
・「具体的な症例」などを提示、および「その危険性」などを記載
 →可能な限り詳しい数値データなどを含めると有益

・有益なブログほど注目される

・「プライベートばかり」では完全にアウト!
 →時々織り交ぜるのは良いが…

・検索エンジンは「ユーザーにとって無意味なサイト」は順位を下げていく
 →逆にいえば「ユーザーにとって有益なサイト」は順位が上がる
   ↓
・直接の顧客にはならない人に有益な情報でも、最終的な集客になる

《一言》

ブログで何かしらの方法で稼ぐにあたって、ブログなので「記事」を書かなければなりません。

さて、「ブログ記事」と聞くと「日頃の食事」や「ペット」「今日のできごと」みたいなイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

では、そうしたブログで集客できるかと言えば、「絶対に無理」と言えます。

もし、この記事を見ている、これからブログで集客しようとしているあなたが「有名人」であれば、つまり「ネームバリュー」を持つ人であれば別なのですが、おそらく違いますよね?

一般人が書いた日常的ブログなど、誰も興味ありません。

ユーザーが求めているのは「有益な情報」であり、その情報を発信しているメディアにならなければ、ブログで集客することはできないのです。

その方法としては、自身の顧客になりえる人が求めている情報は何なのか、どういった情報を織り交ぜれば良いのかを考えることです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ