ブログとフェイスブックでの集客や情報発信の違い

スポンサードリンク

フェイスブック単体では新規顧客を獲得することができない理由について、ブログとフェイスブックの違いを説明することで解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

「なぜ、フェイスブック単体では新規顧客の獲得・集客ができないのか?」という点について、読者目線で解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

・フェイスブック単体での新規顧客の獲得は不可能
 →広告費をかければ売れる可能性はあるが費用対効果が悪い

【ブログ】

・ブログに行きつく理由は「調べもの」

・情報を探しているユーザーがたどり着く

【フェイスブック】

・検索経由ではない

・「なんとなく」という理由でたどり着く

・新規顧客の獲得は「ブログ」の方が有利

・ブログはキーワードを考えて構築できるので効果的

・フェイスブックでは新規で始めても誰も記事を見てくれない

・友達を作ったとしても、商品販売の思考には至らない
 →フェイスブックは「暇つぶし」だから

・暇つぶしに来ている人がその商品を購入したいと思う確率は極めて少ない

・むやみに友達を増やしても「スパム」扱いされる
 →アカウント停止の可能性も

・買い物目的としてフェイスブックを利用しない

・例外としては、既に何かしらの媒体で認知されている人の場合は集客できる

・初心者はとりあえず両方ともやってみる

《一言》

現在、ネットを媒体とした様々なツールが利用できます。

多くの人が利用している「ブログ」も「フェイスブック」もその一つにすぎませんが、フェイスブックでの集客はまず見込めません。

フェイスブックを「買い物目的」で利用している人は皆無であり、仮に買い物目的で利用している人は別の販売媒体を知っている人が、その媒体の(運営者の)アカウントを閲覧する場合です。

つまり、フェイスブック単体で新規顧客を獲得することはできません。

しかし、フェイスブックも最大級のSNSとして数多くのユーザーが存在する媒体であることも事実、要するに「使いよう」ということです。

何かしらの形で利用できるでしょうが、単体での新規顧客の獲得はできないということだけは覚えておきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ