ブログの記事の中にキーワードは何個入れたらSEOに強いか

スポンサードリンク

自身のブログを上位表示させるために、文章中に何個のキーワードを盛り込めばよいのかと言うことについて解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

ブログを上位表示させ、アクセス数を増やすためにキーワードを盛り込む時の注意点を詳しく解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

・数年前までは記事全体の5~10%のキーワード

・現在は文章の長さに関係なく各2~3個でOK

・文中にキーワードを多くしすぎることで「スパム」扱いされる可能性が高い
  ↓
・あくまでも自然に使う限りであれば2~3個を超えていても問題なし

・キーワードの連呼をしなければ良いということで、「キーワードが2~3個あれば十分」という認識が重要

・読者が読みやすい記事をかくことが最優先

《一言》

「キーワード」は、記事の方向性を決める要素であり、ユーザーの絞り込みを行うためにも必要な要素です。

ネットビジネス初心者は、まずこのキーワードの選定をしなければなりませんが、選定したキーワードを何個使えば、そのキーワードについて書かれている記事、ブログであるかを認識してもらえるかということは、ブログの上位表示つまりネットユーザーへの露出の大きさを表すことになります。

では、何個も使えば良いのか?と言うことにはなりません。

何個も使えば「スパム」として扱われ、そのサイトでは二度と稼げなくなると考えましょう(厳密には復旧の方法はありますが、極めて難しくて時間がかかる)。

さすがに1つもキーワードを盛り込まずに稼げるはずもありません、そのためキーワードは2個もしくは3個あれば充分であると言えます。

もちろん、記事の自然な流れとしてキーワードを盛り込むのであれば何も問題ありませんが、あくまでも文章の自然な流れを忘れないことが重要です。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ