自分のサイトがビッグキーワードで上位表示される必要がない理由

スポンサードリンク

サイトがビッグキーワードで上位表示されることの意味と、それを必要とはしないことについて解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

ビッグキーワードでの検索結果の性質や、ビッグキーワードで上位表示されることにこだわる必要が無い理由を分かりやすく解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

【ビッグキーワード】

・漠然としているキーワード

・検索される回数が多いキーワード

・「車」で検索しても、何を求めているのか分からない

・ビッグキーワードで上位表示させることは不可能

【ビッグキーワードで上位表示されない理由】

・「コーヒーショップ」の場合、ビッグキーワードは「コーヒー」

・「コーヒー」で検索したときに「コーヒーショップ」を上位表示させる理由は無い
 →検索者が何を探しているか分からないから

・漠然とした質問に対しては、漠然とした回答しか返せない

・コーヒーショップであれば、全国展開のお店が載るくらい

【ビッグキーワードで上位表示される必要が無い理由】

・上位表示させても、アクセス数が伸びるだけであって売り上げは上がらない

・「有益な情報 = そのサイト」でない限りは上位表示の意味が無い

・複合キーワードで上位表示させることが必要
 
・ターゲットの絞り込みが重要

・「アフィリエイトサイト」の場合はアクセス数が重要なので異なる

《一言》

アフィリエイトを除く、店舗のサイトであったり何かしらの集団のサイトである場合、検索回数の多い「ビッグキーワード」で上位表示させることには意味がなく、執着する必要はありません。

例えば適当にキーワードを一つだけ入れて検索してみてください。

上位には「大手通販サイト」「Wikipedia」「動画サイト」のような、最大手の面々が軒を連ねています。

それにはきちんと理由があり、漠然としているために本当に総合的な情報を持つ最大手のサイトを載せることが検索結果として重要になるのです。

店舗のサイトにとっては、自分のサイトを必要としてくれるユーザーを呼び込むことが重要なのであり、不特定多数の人を呼び込んだところで見向きもされません。

アフィリエイトサイトの場合はそれでも良いのですが、広告収入を目的としないサイトの場合は自身のサイトを必要とする人が検索するであろうキーワードを複合キーワードとして意識することが重要なのです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ