YouTube相互チャンネル登録がスパムとみなされる理由

スポンサードリンク

YouTubeでの、いわゆる「相互チャンネル登録」がスパムとして取り扱いされる理由について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

動画投稿者としてだけではなく、YouTubeに広告を掲載したことがある人の視点としても解説されているところがオススメ!

《この動画の要約》

・YouTubeは「運営」「投稿者」「視聴者」「広告主」が存在

・投稿者同士のチャンネル登録によって「広告主」「運営」が損害を被る
 →動画視聴に関連性が生まれなくなり、広告の効果が薄まる

・相互に広告のクリックをしあう悪質な場合もある

・広告主は、運営にとって「顧客」
 →顧客の不満を放置することはできない = スパム扱い

《一言》

これは実際にYouTubeの規約で禁止されている行為なのです。

規約によれば、相互チャンネル登録は利用規約に反し、許容されないとされています。

運営側は、定期的にアカウントのチャンネル登録者を確認しており、不正行為のあるアカウントに対してペナルティを科すことを表明しています。

ペナルティを受ければ、安定して継続的に広告収入を得ることができなくなってしまいます。

そうなれば、ネットビジネスでの収入源を一つ失ってしまうことになり、特に初心者にとっては稼ぐ方法が限定されてしまうということになります。

確かにチャンネル登録者数を増やすことは、広告収入を増やす方法としては必要なことではありますが、このような真っ当ではない方法で増やしたチャンネル登録者には意味がありません。

チャンネル登録者とは、そのチャンネルを応援してくれるユーザーのアクションであり、同時にそのチャンネルの志向に応じた広告の効果を高めてくれます。

YouTubeの運営にとって広告主は顧客であり、顧客の不利益を放置することなどできません。

規約に違反しなければ稼げないようでは、まだまだ真っ当な努力が足りない証拠であると言えます。

安定して稼いでいくためには、こうした卑怯な手段は使わず、真っ当な動画投稿とファンの獲得を進めていきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ