コピペチェックツール「ExpressⅡ」の使い方と機能を紹介

スポンサードリンク

コピペチェックツール「ExpresⅡ」の基本的な使い方を実地で解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

「ExpresⅡ」の使い方について、ノーカットで最初から最後までどのようにして行うのかを解説しているのが分かりやすくてオススメ!

《この動画の要約》

【ExpresⅡの使い方】

①コピペチェックをしたいファイルを画面上部左側の枠の中にドラッグ&ドロップ
 ↓
②「テキスト重複チェック」をクリック
 ↓
③「コピペチェックスタート」をクリック

・画面左上にファイルのリストがあり、「チェック結果」に「○」か「×」が表示される
 →「×」の場合はコピペがある

・画面下の枠内では各ファイルのコピペ部分とそのコピー元サイトが表示される

・検索結果はCSVなどに出力することも可能
 →外注先にそのまま証拠として提出できる

《一言》

アフィリエイトの最終段階は、記事を外注化することで自分は納品された記事を投稿するだけ(ワードプレスに記事投稿することまで任せる人もいますが)という形を作ることです。

重要になるのは「記事の質」もそうですが、その記事が「コピペ記事」出ないことを確認することです。

文字数の多い記事ほど自分でチェックするのは骨が折れます。

そこで活用するべきなのが「コピペチェックツール」であり、今回の動画で解説している「ExpresⅡ」もその一つです。

コピペがある場合(同じ文章がある場合)にはその有無とコピー元のサイトを発見してくれるので、コピペチェックとその確認も一気に行えます。

時間をかけないことが外注化の基本なので、コピペチェックにも時間をかけないことが重要です。

簡単に使えるツールですのでオススメです。

自分で記事を書く間は必要ありませんが、いつかは使うことになるので覚えておきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ