超初心者向けHTMLとCSSでワードプレスブログをカスタマイズする方法

スポンサードリンク

「HTML」と「CSS」がどういった存在であるのかを解説し、簡単なCSSの使い方について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

HTMLやCSSについて全く知らない人でもそれらについて最低限の知識を得ることができ、簡単なCSSの使い方を解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

【HTMLとCSSについて】

・WEBページは「HTML」と「CSS」が合わさって作られる

・自分で少しでもカスタマイズできるようにすることが重要

【HTML】

・ほとんどのWEBページを形作る「機械言語」

・文章構造を制御するもの

【CSS】

・「スタイルシート」

・テキストの大きさや色などの「見た目」の部分を制御する

【カスタマイズ】

・プログラムカスタマイズなどに必要な知識はほんの少しだけ

・右クリックで「ページのソースを表示」でHTMLを表示できる

【CSSの使い方(例題:文字を赤くする)】

①ワードプレスの管理画面から「外観」「テーマ編集」をクリック
 ↓
②右側の「common.css」をクリック
 ↓
③.aka{ color:red; }(akaの部分は別に何でも良い)
 ↓
④「ファイルを更新」をクリック
 ↓
⑤記事の投稿ページに移動し、文字を入力する
 ↓
⑥入力した文字の前に、入力した文字の後にと入力

【CSSの応用(文字の背景を黄色に)】

①作成したCSSに「background-color:yellow;」の文字列を追加する
 ↓
②上記の手順⑥と同様に文字を入力する

【要素の検証の使い方】

①GoogleChromeを起動する
 ↓
②変更したい文字をドラッグして選択し、右クリックして「要素の検証」をクリックする
 ↓
③左側に「HTML」、右側に「CSS」が表示される
 ↓
④右側のCSSを変更すると、リアルタイムでCSSが変更される
 →実際に変更されてはいない(一時的な見た目だけ)ので、変更した文字列をワードプレスで変更して更新することで反映できる
 
《一言》

上記の説明がちんぷんかんぷんでも、ワードプレスは使えますし、アフィリエイト用のサイトも十分に構築することはできます。

必要であれば対応した「プラグイン」を使うことで、CSSをいじらなくても文字の色や大きさを変えることはできます。

しかし、使えた方が何かと便利ではあります。

数多くの記事を書いていく上では、ちょっと入力するだけで文字の色やサイズを変更できることは便利です。

自分が良く使う表現は、CSSで活用できるようにしておいた方が便利ですね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ