絶対順守!グーグルアドセンスの規約違反となる禁止事項

スポンサードリンク

Googleアドセンスの規約違反となる内容と、規約違反時の対応について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

Googleアドセンスで稼ぎ続けようと思うのであれば必ず守らなければならない「規約」について、どういった内容だと規約違反になるのかを解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

【不正クリック】

・自分で自分の貼った広告をクリックすること

・家族や友達に頼んでクリックしてもらう

・クリックを促す表示をする

【広告の配置】

・スマホを表示したときに広告が画面いっぱいになる貼り方

・広告をいくつも並べる
 →1ページに3つまで、並べてはNG

・ほかの画像と一緒に広告を並べる

【コンテンツの内容】

・アダルトな内容

・ギャンブル、薬物、タバコ、酒を勧める内容

・死亡、事故などの内容

【規約に違反した場合】

・広告を停止されてメールにて勧告を受ける
 →アカウント停止のまま回復できない

・1つのページだけ空白で表示される場合もある
 →アカウント停止寸前、改善の余地あり

《一言》

Googleアドセンスは、いわゆる「クリック報酬型」に分類されるアドセンスの一種で、特に初心者向けのアドセンスであると評価する人が多いです。

理由としては、登録が簡単であり、比較的テクニックを要求されないクリック報酬型なので、初心者でもある程度の報酬を得ることが容易であるという点が挙げられます。

しかし、少なからずお金をもらう行為であるため、一定のルールがあり、好き勝手にやっても良いというわけではありません。

GoogleアドセンスにはGoogleの定めた「規約」があり、そのルールに則ってサイトを運営していく必要があります。

もし、その規約に反する内容のサイト運営をしてしまえば、Googleに露呈して最悪の場合はアカウント停止、そのサイトでは二度とGoogleアドセンスを利用することができなくなってしまいます。

とはいえ、ガッチガチのルールが作られている訳でもなく、簡単な、誰にでも理解して順守できるような内容となっています。

「広告の配置」についてはツールとテクニックの問題ではありますが、決して難しい内容でもありません。

Googleアドセンスで稼ぎ続けようと思うのであれば、常に規約違反していないかを確認しつつサイトを運営していきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ