YouTube稼げ始めたらリスクを分散して収入を確保しよう

スポンサードリンク

【稼げる=安泰ではない】Youtubeでのリスク分散の方法を紹介した動画です。

レビュー:★★★★☆

《ここがオススメ》

Youtubeでの収益減少のリスクを最小限に抑えられるのテクニックがオススメ!

《この動画の要約》

【稼げる=安泰ではない】

・稼げるようになっても、それで問題になることもあります

【ビッグチャンネルは危険!】

・稼げるようになってきたということは、ある程度はチャンネルが大きく成長しているということになります。
 ↓
・妬みや僻みといった感情によって、通報者が続出するようになる可能性があります。
 →再生数が多くなるほどリスクは増える
 ↓
・そういった通報によってチャンネルが削除される可能性があります。

・ではYoutubeはダメなのか?
 →リスクに対してはきちんとした対策を取ることが必要

【対策1、チャンネルを分散させる】

・1ちゃんねるで50万円稼ぐよりは、5万円稼げるチャンネルを10個持つほうが安泰です。
 →通報による被害のリスクが分散されるようになる

・いくつかのチャンネルが通報されても、50万円×0になるよりはマシな状況になります。

【対策2、別の収益の柱を作る】

・特定のプラットフォームに依存する以上は、上記のリスクは少なからず発生してしまいます。
 →別の収益の発生源を作り、片方に何かがあっても、もう片方でフォローできる

・「メルマガ」等の情報発信がオススメです。
 →プラットフォームに依存しないので、リスクが少ない

・稼げるようになっても、それが「一過性」のものでは意味がありません。
 →しっかりとリスク分散をすることで、長く稼ぎ続けられる

《一言》

単一の収入源では、いざその収入源に何かがあった時に収入が0になってしまう可能性があり、Youtubeチャンネルが大きくなればなるほど「チャンネル削除」という憂き目を見てしまう可能性があります。

そのリスクを完全に取り去ることは出来ないので、「リスクが発生しても被害を最小限にする方法」を模索する必要があり、今回の動画ではその点について言及されています。

「チャンネル分散」と「別収益の確保」という2種類の方法を用いることで、長く稼ぎ続けることが可能になります。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ