無料画像キャプチャソフトRapture(ラプチャー)の使い方を解説

スポンサードリンク

無料でダウンロードできる画像キャプチャツール「Rapture」について、いくつか解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

Raptureにどのような機能があり、実際にどうやって使うのかを実地で解説しているところが理解しやすくてオススメ!

《この動画の要約》

【画像キャプチャ】

・パソコンの画面をそのまま画像に変換すること

・任意の範囲を切り取ることも可能

・コンテンツ作成に必須のツール

【MacとWindowsでの違い】

・MacOSにはキャプチャ機能が付属している
 →「command」+「shift」+「4」

・Windowsの場合は「Rapture」がオススメ

【Raptureの利用方法】

・「Rapture」を検索し、ダウンロードする
 
・フォルダを解凍してアプリケーションを起動

・左クリックを押しながら任意の範囲をドラッグし、撮影範囲を決定する
 ↓
・右クリックをして「ファイル」「保存」をクリックして画像ファイルを保存する

・右クリックをして「設定」から「保存」タブをクリック、「自動保存」のテキストボックスにフォルダを指定することで保存先を指定可能

・同じ画面の「履歴」は「0」にしておいた方が便利

《一言》

画像キャプチャソフトは、特に「ノウハウ系」の記事や動画を作成する際に非常に役立つツールです。

しかし、中には「パソコンの全画面を撮影する」機能しか持たないものもあり、その場合だと不要な部分は画像編集ソフトで切り取るという2度手間になります。

なので、撮影範囲を指定できるキャプチャツールが必須と言えます。

その中でも「Rapture」は使い勝手が良く、必要な機能を簡単に使えるという点で非常に評価できるツールです。

無料でダウンロードできるツールなので、一度は使ってみて欲しいツールだと言えます。

「Mac」の場合は必要ないのですが、「Windows」の場合は必須のツールと言っても過言ではありません。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ