アフィリで日本語ドメインを使うメリットとデメリットついて

スポンサードリンク

独自ドメインを購入するにあたって「日本語の文字列」をURLに組み込むことの意味とデメリットについて解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

独自ドメインでURLを決める際に日本語を使うことによって発生するメリットとデメリットが分かりやすいところがオススメ!

《この動画の要約》

【日本語ドメイン】

・日本語が入ったドメイン(URL)のこと

・以前はSEO効果が高かった

【日本語ドメインとSEO効果】

・結論から言えば「効果はある」

・「キーワード」と「ドメイン」が完全一致しているときは特にSEO効果が高い

【日本語ドメインのデメリット】

・サイトの内容を変更できない

・今後、日本語ドメインの効果が薄れる可能性がある
 →現状でペナルティ対象とはなっていない

【日本語ドメインの使い方】

・狙っているキーワードがはっきりしている場合

・大規模サイトには向いていない

《一言》

独自ドメインを購入するにあたっては、他人が使用している(重複)状態でない限りは自分の好きな文字列でアドレスを決めることができます。

その際に「英語」の文字列ではなく「日本語」を利用することができるのです。

そのメリットについては動画で説明されていますが、サイトの内容に合致している限りは大きなSEO効果があるということです。

デメリットとしては、そのサイトの方向性が完全に固まってしまうことです。

その日本語の文字列に該当しない内容はサイトの方向性との合致が起こらないので、SEO対策にならないばかりかサイトの方向性そのものが疑われてしまいます。

もし、初心者が日本語ドメインを利用するにあたっては、サイトの方向性とは無関係な文字列を使えば、SEO対策にはなりませんがサイトの方向性が固められずに済みます。

何かと使い勝手に問題がありそうですが、そもそもにネットビジネスの完全な初心者であれば独自ドメインを購入しなくても「無料ブログ」という方法があります。

無理にお金をかけなくても、無料ブログでネットビジネスの実力と地盤を積み重ねていきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ