内部SEO対策のやり方 サイト内コンテンツ整理の具体的な方法

スポンサードリンク

内部SEO対策に必要不可欠な「コンテンツの整理」で具体的にどのようなアクションを起こすべきかについて解説している動画です。

レビュー★★★★☆

《ここがオススメ》

内部SEO対策のためのコンテンツの整理で、どのようなことをそれぞれ具体的にどういったアクションで実行するのか分かりやすく解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

・外部SEO対策の危険性
 →悪質な被リンクはスパム扱い

・内部SEO対策のポイントは「やることをやる」

・コンテンツの整理

【コンテンツの整理とは?】

・検索エンジンのクローラーは定期的にサイトを徘徊してサイトの質を判断する
 →判断材料は様々

・ユーザーが「使いやすいサイトであるか」という基準を知る

・「外部リンク」「内部リンク」「画像のalt属性」「タグの重複」

【外部リンクの改善】

・外部リンク = 他のサイトへのリンク

・やたらと外部にリンクを貼らない
 →サイトパワーの流出

・特に「アフィリエイトサイト」へのリンクは要注意
 →アフィリエイトサイトは低品質とみなされ、そこへのリンクを貼ると自サイトの評価ダウン

・ペナルティを受けているサイトへのリンクは自サイトのペナルティの原因になる

【内部リンク(アンカーテキスト)】

・サイト内でリンクを張り巡らせる

・アンカーテキストはわかりやすく

・基本的には「2クリックで全てのページにアクセスできる状態」が好ましい

・カテゴリの最適化

・まとめコンテンツの作成

【画像のalt属性とタイトル】

・画像をコンテンツに追加する際に記入

・「何の画像であるのか?」を判断してもらう

【タグの重複】

・非常に重要

・ウェブマスターツールで確認することができる
 →「検索のデザイン」→「HTMLの改善」

・同じページに複数のURLで移動することは無いか?

・カテゴリの変更による重複
 →URLの変更が必要

・「All in One SEO Pack」で対策可能

《一言》

初心者にはちんぷんかんぷんな内容のように聞こえますが、将来的にはしっかりと稼いでいくためには必ず必要になる技術です。

後半は特にそうですがワードプレスを使ったサイト構築において必要な技術が多く、無料ブログで稼いでいる初心者にはあまり活用できないテクニックが多いです。

しかし、将来的に有料媒体で稼ぐにあたっては必ず必要になる技術ですので、しっかりと覚えておきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ