ライザップ風CM動画の作り方!動画撮影と編集方法について解説

スポンサードリンク

「ライザップ風CM」として、

簡単な合成等を用いてCMのような

動画を作る方法について解説している動画です。

 

レビュー★★★☆☆

 

《ここがオススメ》

ライザップ風CMを作るにあたってどのような

撮影環境および編集が必要なのかを

最初から最後まで実演しているところがオススメ!

 

《この動画の要約》

 

・基本となる動画素材の撮影
→撮影している動画は合成用の緑色の背景だが、完成後の背景に合わせた(今回であれば黒色)内容でも問題なし

 

・「ビフォーアフター」の動画を作るのであれば、対象となる「ビフォー」と「アフター」の両方を撮影

 

・動画編集ソフトで編集する

 

【Final Cut Proでの作成方法】

・撮影した動画を配置、その際に音声は消去する

 

・前後をトリミングする

 

・動画を選択した状態で「ビデオエフェクト」内の「キーヤー」を選択
→背景のグリーンが透明に(必要なければスキップ)

 

・モデルのサイズと位置を調整

 

・モデルと背景の間にロゴを挿入する

 

・音声ファイルを挿入し、調整する

 

・CMっぽく見せるのであれば「モデルの名前」や「注意書き」等を挿入する
→ライザップ風であれば「キャッチコピー」と「検索画面」を

 

《一言》

使用できる場面が限定される機能もありましたが、

素人でも本格的なCM用動画を作成することが

できるというのは分かったのではないでしょうか?

 

YouTubeでは、動画を投稿してそれを収益化設定し、

視聴されることで自動的に広告収入が入るシステムとなっています。

 

なので、注目される動画を作れば

それだけ多くの広告収入を得ることができます。

 

ライザップのような人気のあるCMを用いることで

注目を集めることもできますが、

いきすぎたパクリは通報の対象となりかねないので注意しましょう。

 

動画編集ソフトでは様々な視覚効果を用いることで、

どうがをよりプロっぽく仕上げることができます。

 

内容もそうですが、そうした特殊効果を使いこなすことで、

より視聴される動画を作ることができます。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ