テレビ動画をアップすると違法?YouTubeでの動画と著作権について

スポンサードリンク

YouTubeの動画削除対象となる「著作権」に関して、テレビやラジオが著作権とどのように関係するのかについて解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

テレビ番組のすべてが著作権の対象になるわけではないが、削除対象となること、ラジオは比較的著作権と削除依頼が緩いことについて解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

・著作物 = 思想または感情を創作的に表現したもの、文芸学術または文学

・思想や感情を「創作的に」表現したもの、ということ
 →「データ」「事実」は該当しない

・「映画」「ドラマ」「音楽」などは明確に著作権が適用

・「バラエティ」等は「事実の報道」になるので、著作権は認められない
 →YouTubeにアップロードするとテレビ局が嫌がる→これが厄介

・著作権上は問題なくてもテレビ局が嫌がるので、削除依頼を出す
 →運営は争いを嫌がるので削除する
    ↓
・テレビ番組をアップロードするのはダメ、ということ

・ラジオのフリートークは著作権には引っかからない
 →「音楽」は別

・ラジオ局はテレビ局ほど厳しく削除依頼しない

・著作権に関する勉強をすることも必要

《一言》

YouTubeで動画をアップロードするにあたって、「著作権」の問題は切っても切り離せない内容となっています。

いかにして著作権に引っかからない動画をアップロードし続けることができるかということが重要で、一つでも著作権に引っかかり、削除されるとペナルティになり、様々なデメリットが発生します。

最終的にはチャンネル自体が削除されてしまい、お金を稼げなくなってしまいます。

YouTube初心者は特に「何が著作権違反になるのか」ということを知らない傾向もあり、いくつかの動画を削除されてしまう危険性があります。

しかしながら、長くYouTubeで稼ぎ続けるためには、著作権の問題は常に意識し続ける必要があります。

稼げるチャンネルを構築しても、一度チャンネル削除を食らえばそれまでとなってしまいます。

そうならないためには、「どういった素材を使うと著作権違反になるのか」ということをしっかりと学び、把握する必要があるということです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ