Youtubeからペナルティを受けたときに制限を受ける機能と注意点

スポンサードリンク

YouTubeの規約違反動画による

ペナルティを受けた際に制限させる機能と

されない機能について解説している動画です。

 

レビュー★★★☆☆

 

《ここがオススメ》

YouTubeで投稿した動画が削除されて

ペナルティを受けた際に制限される

機能について一つ一つ解説している

ところがオススメ!

 

《この動画の要約》

 

【ペナルティによるYouTube機能の使用可能・不可能】

 

・収益の受け取り = 可能

 

・制限時間を超える動画 = アップロード不可

 

・アノテーション = 不可

 

・カスタムサムネイル = 可能

 

・定期購入 = 不可

 

・コンテンツIDに関する異議申し立て = ???

 

・限定公開動画と非公開動画 = 不可

 

・ライブ イベント = 不可

 

【ペナルティを受けても可能なこと】

 

・収益の受け取り

 

・カスタムサムネイル

 

【ペナルティを受けると不可能なこと】

 

・制限時間を超える動画の投稿

 

・定期購入

 

・限定公開動画と非公開動画

 

・ライブ イベント

 

《一言》

YouTubeでは「著作権違反」

「規約違反」によって動画削除を受け、

ペナルティを受け続けるとチャンネルが

削除されてしまいます。

 

それとは別に、ペナルティを受けることで

YouTubeのユーザーが使用できる

機能の一部が制限を受けてしまいます。

 

できなくなることが増えると、

何かと不便になります。

 

「こんなペナルティを受けるから、こうこう、

こうした内容で今後はやっていこう」と思うのではなく、

「ペナルティを受けないようにすること」が最重要事項です。

 

著作権違反になるような動画を作らず、

規約にも違反しないことです。

 

そうすると稼げなくなるということは決してなく、

健全な動画作成とチャンネル運営を

続けることで継続的に安全に稼ぎ続けることができます。

 

もし、「これって、規約に違反するんじゃないかな?」と

思うのであれば、アップロード前に

運営に確認をとることが必要になります。

 

運営がOKさえ出せば、

無用なトラブルは回避できます。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ