Youtubeはもう稼げない?広告単価激変の理由と今後について解説

スポンサードリンク

YouTubeの広告単価の影響と、

「YouTubeでは稼げなくなったのか?」という

疑問に対する解説の動画です。

 

レビュー★★☆☆☆

 

《ここがオススメ》

YouTubeの広告単価が上下する

メカニズムについて解説し、

YouTubeの現状をしっかりと

把握させてくれるところがオススメ!

 

《この動画の要約》

 

・YouTubeの広告単価が減少
→もうYouTubeでは稼げない?

 

・広告単価減少はYouTube広告の

「季節性」によるもの

 

【広告単価について】

 

・3月と12月は「バブル」
→3月は「年度末」、12月は「年末商戦」に

よって広告予算が大量投下

 

・その直後の月(4月と年明け1月)は逆に

収益が減少する可能性がある

 

【結論】

 

・気にしない

 

・広告で稼ぐという性格上、広告業界の影響が強い

 

・再生数を増やせば収益が増えることには変わらない
→再生される動画づくりに専念する

 

《一言》

人によっては、「もうYouTubeでは稼げない!」と

嘆く人がいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、その根拠となる

「YouTubeの広告単価の減少」というものは、

基本的に「広告業界の季節性による影響」であり、

季節ごとの影響を受けながらもそれが

「ゼロ」になることはなく、ある程度の

水準で上下するにとどまります。

 

いちいち、そんな上がり下がりに

一喜一憂したところで、賢くもなんともありません。

 

そのようなことを気にすることは

「杞憂」に過ぎません。

 

気にする時間が惜しいので、

その時間は動画づくりに充ててしまいましょう。

 

仮に「以降は広告単価が半分になりますよー」

なんてアナウンスをされたところで、

再生数を倍に増やせばトントンです。

 

まあ、それは理想論でしかないのですが、

単純な話としてはその程度にとどまるということです。

 

あまり気にせず、動画づくりの腕を磨き、

より多くの人に再生されるような動画を作っていけば、

広告単価なんて気にする暇はありません。

 

もちろん、永久にYouTubeで

稼げるという確証はありませんが、

今のところはYouTubeで

稼げなくなるということはないです。

 

むしろ気を付けるべきは

ペナルティの方であり、

これを食らえば一気に収益ゼロに

追い込まれます。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ