YouTubeアドセンス広告の種類について オーバーレイやディスプレイ広告など

スポンサードリンク

YouTubeアドセンスで表示される

「3つの広告」の種類について、

それぞれ解説している動画です。

 

レビュー★★☆☆☆

 

《ここがオススメ》

YouTubeで収益を発生させる

「YouTubeアドセンス」の広告について、

それぞれにどのような広告であるのかを

解説しているところがオススメ!

 

《この動画の要約》

 

・YouTubeアドセンスには「3種類」存在する

 

【動画広告】

 

・動画の再生前や再生中に流れる動画形式の広告

 

・再生されることで収益が発生する

 

【ディスプレイ広告】

 

・動画の横に表示される広告

 

・クリックされることで収益が発生する

 

【オーバーレイ広告】

 

・動画内に表示される広告

 

・クリックされることで収益が発生する

 

・昔は「インビデオ広告」と呼ばれていた

 

【広告について】

 

・広告の内容は自分では選べない
→クリック率を上げることができない

 

・動画が再生されるような工夫を行うことで

クリック数を増やすことが重要

 

《一言》

YouTubeで動画を閲覧していると

何度も目にしたことがあるかと思いますが、

YouTubeで広告収益を発生させている広告は3種類あり、

どれもが動画投稿者に対して収益を

生み出すものになります。

 

とは言え、それを知っているところで

何ができるというわけでもないんです。

 

例えば「○○の広告が貼られるなら、

その商品のオススメを言えば儲かるのでは?」と

思われるかもしれませんが、

広告はYouTubeの運営が勝手に決めるので、

どんな商品・サービスの広告が貼られるかは

分かりません。

 

なので、動画を工夫したくてもしようがないのです。

 

皆さんにできることは、

いかにして動画へのアクセス数を増やし、

少しでも動画広告が再生されたり、

ディスプレイ広告をクリックしてくれる人を

呼び込めるかということです。

 

要するに「アクセス数」×「クリック率」で

広告収入は決まりますが、

クリック率は上げようがないので、

アクセス数を上げることで広告収入を

増やすというアプローチです。

 

簡単な話、「魅力的な動画を作れ!」ってことなんです。

 

小細工なし、単純な実力勝負の話なので、

そこまで悩む必要もないでしょう。

 

多くの人に支持される、

愛される動画づくりを心掛けてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ