コミュニティガイドライン違反とは?著作権違反以外で動画削除をされる理由

スポンサードリンク

YouTubeの動画が削除される理由として

「著作権違反」以外にも対象となる

可能性があることについて解説している動画です。

 

レビュー★★★☆☆

 

《ここがオススメ》

YouTubeでは「ガイドライン」に

違反している動画も削除対象となり、

個別にペナルティを蓄積することで

大きな損失になることについて

解説しているところがオススメ!

 

《この動画の要約》

 

・YouTubeでは「著作権違反」で動画を削除される
→ペナルティ

 

・ペナルティが3つでチャンネルが停止される

 

・動画削除を受けるのは著作権違反だけではない

 

【コミュニティガイドライン違反】

 

・公序良俗に反するコンテンツ
→「暴力」「アダルト」「誹謗中傷」「スパム」など

 

・削除対象となる

 

・「著作権違反」とは別物扱い
→それぞれ単独で3つでチャンネル停止(合計にはならない)

 

・悪質な場合は「1発退場」もありえる
→立ち上げ当初は特に

 

・無茶なことをしなくてもチャンネルは作れる
→長く稼げるチャンネル運営を心がける

 

《一言》

YouTubeでは、一定の特性を

持った動画は削除されます。

 

その最たるものが「著作権違反」で、

他の記事でも書いています

が芸能人の画像や音楽作品など、

そういった著作権を侵害している

内容である動画は削除対象となります。

 

それだけならまだしも、

3回著作権違反で削除されると

チャンネルそのものが停止され、

収益が発生しなくなります。

 

YouTubeチャンネルは育てれば

大きな収入源になるため、

これが停止されることは稼ぐうえで大きな

障害となります。

 

そして、著作権に違反していなくても

動画削除の対象となるのが

「コミュニティガイドライン違反」です。

 

要するに「規約違反」であり、

「こんな動画は作っちゃダメ!」と前もって

規約に掲載されている内容の動画

(暴力とかエッチな内容)を作れば

当然ながら削除の対象となります。

 

よくあるのが「そんなの読んでないし!」なんて

子供じみた言い訳をする人がいるのですが、

規約は読んでから登録するのが前提なので、

言い訳にはなりません。

 

そうした動画を作らなくても、

いくらでも需要を勝ち得る動画を作る手段はありますから、

リスキーなチャンネル運営をする必要なんて

ないことを念頭に置いておきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ