SIRIUS(シリウス)サイトが表示崩れを起こしたときに修復する方法

スポンサードリンク

シリウスでサイトを作成するにあたって「表示崩れ」を起こした際の原因と対処法について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

サイト作成においてタグに不備があり、表示崩れを起こした際の対処法について、タグの不備による実際の表示ずれがどのように起きるかを踏まえながら解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

・HTMLのルールとして「開始タグと終了タグの数は同じでなければならない」というものがある
 →「開始タグ」と「終了タグ」はワンセット

・右クリックから「タグチェック」をクリックすると、タグの数をチェックしてくれる

・「
」は「改行タグ」であり、単独で使用する

・こまめにプレビューで確認することを習慣づけることが重要

《一言》

HTMLで文章を構成するにあたっては、その文章の位置や見た目などを変更するために「タグ」を用いることになります。

「<>」で区切られているものがタグになり、これによってその間に位置している文章に特殊な効果を付与することができます。

間に位置させるというだけあって、タグは「開始タグ」と「終了タグ」でワンセット(改行タグのように単独で使用できるタグも存在)であることが基本となり、このルールを守らない(開始タグだけとか終了タグだけ)とサイトを正しく表示させることができなくなってしまいます。

そして、HTMLがズラーっと並んでいる中から「どこに問題があるのか」を探し出すのは大変であり、こまめに確認をとることが必要になります。

特に大掛かりなコンテンツを作成する際には、可能な限り短いスパンでプレビューを確認し、サイト表示に表示崩れが起きていないかを確認しながら作業を進めていきましょう。

シリウスの場合は基本的にはクリックでタグの挿入等が可能であり、間違って消してしまわない限りはタグの不備による表示崩れは起きないでしょう。

初心者にもやさしい設計ですね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ