SIRIUS(シリウス)画像の基本操作で作業効率を上げる方法

スポンサードリンク

シリウスでサイト作成の際に使用する画像をソフト内に取り込み、加工して実際に使用する方法について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

画像を加工する方法について、どのツールをどのように設定して使用すると、結果としてどのような表示方法になるのかを解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

・最も使うのは「画像ボタン」
 →シリウスに内蔵されているテンプレート用の画像が収納されている

・文章に画像で装飾することができる

・「画像ボタン」をクリックして「新規追加」をクリック、画像ファイルを開くことでテンプレート画像を追加できる
 ↓
・「altタグ」は画像の説明を入力
 ↓
・「サイズ指定方法」は「比率固定(横)」を選択し、「画像サイズ」は250程度を指定
 ↓
・「回り込み」で画像の位置を指定
 ↓
・「画像ファイルへのリンク」でリンクの設定を行う
 
・画像のHTMLを範囲指定し、「中央ぞろえ」等の設定が可能

・画像のHTMLを範囲指定した状態で「画像ボタン」をクリックすると、テンプレートフォルダ内のどこにその画像ファイルが格納されているかを確認できる
 ↓
・そのまま画像の表示指定を変更してHTMLに反映させることができる
 →画像が扱いやすい

・画像のHTMLとテキスト部分を範囲指定して「ボックスボタン」から「角丸枠」等を設定可能

・画像の新規追加の際に複数の画像ファイルを範囲指定することで一気に画像ファイルを取り込むことができる
 →作業がはかどる

・画像の管理画面の「その他」のタブをクリックすると、自分がシリウスに取り込んだ画像ファイルのみを表示させることができる

・「ポイントボタン」「ランキングボタン」で文章を装飾することができる

・編集タブの中から「ボタン画像」「サムネイル」「レーダーチャート」「ヘッダー画像」「ロゴテキスト画像」を編集できる(別動画で解説)

・シリウスは画像管理がしっかりとしている

《一言》

サイトの作成においては数多くの画像を用い、画像ファイルを格納することで使用することができます。

シリウスでは、ソフト内に取り込んだ画像を編集する機能が豊富で、かつ使いやすいという特徴があります。

サイトや記事の性質に合わせて画像を加工して使用することができるので、サイトの質を上げることにもつながります。

ストレスを感じることなくスムーズに使える機能であり、モチベーションを維持することにもつながります。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ