超重要 Youtubeで稼ぐための市場リサーチ~Youtube編~

スポンサードリンク

《ここがオススメ》

Youtubeでの市場調査(注目されているキーワードの発見)を行う方法が紹介されています。

《この動画の要約》

・2ch等で見つけた「キーワード」が、Youtubeでも通用するものであるとは限りません。
 →Youtubeでも通用するのかどうか調べる必要がある

・市場調査の方法について
 ①キーワードを入力してYoutubeで検索をかける
  ↓
 ②左上にある「フィルタ」をクリックして、その右下にある「視聴回数」で並び替え
  ↓
 ③視聴回数の多い動画に含まれているキーワードをピックアップして、再検索
  ↓
 ④繰り返し行うことで、単一のジャンルでも特に「どういったキーワードがホットな話題なのか」が分かるようになる

・その際、「投稿日(いつ投稿されたのか、月単位や年単位で表示されている)」を参照して、短期間で再生回数を稼いでいるキーワードに注目するようにしましょう。

・加えて、人気の動画についてはその手法(どういった形式の動画なのか、タイトルの付け方など)も参考にしましょう。

・ジャンル事態に(Youtubeでの)需要があることが分かったら、今度は「フィルタ」の中にある「チャンネル」をクリックします。
 →チャンネル登録者数が多いかどうかを確認
  ↓
  5000人以上の登録者数が多い場合は需要ありと考えられる
  
・登録者数が多いチャンネルにアクセスし、「どうして登録者数が多いのか」について検証します。
 →動画数が多い、投稿頻度が早い、動画の手法が独特、など

・リサーチ作業は面倒な作業が多いのですが、再生されない動画を量産するよりは効率が良いので、ここで他人との差を付けるようにしましょう。
 
・調査の中で、「上手く行っている動画はなぜ上手く行っているのか」「上手く行っていない動画はなぜ上手く行っていないのか」という点を自分なりに仮説を立てて、その上で自分はどういった方向性を持っていくのかを決めましょう。
 →PDCAサイクルをしっかりと構築する

《一言》

動画が再生してもらえるには、いかにその動画がYoutube視聴者にとって「求められている動画であるか」という点が重要であり、その「需要」を調べるための方法が細かく解説されています。

いくつかの方法が紹介されており、その中で何が必要であるのか、どういった考え方で調べていけば良いのかを細かく知ることが出来ます。

Youtube初心者だけでなく、再生数やチャンネル登録者数の伸び悩みに困っているユーザーにもオススメな動画だと思います。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ