トレンドアフィリグーグルアドセンスの規約違反になる画像とNGワード

スポンサードリンク

トレンドアフィリエイトで重要な「Googleアドセンス」の規約違反になる「画像」と「ワード」について一つ一つ解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

Googleアドセンスの規約違反になり、使用することで登録継続ができなくなる「画像」と「ワード」について解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

【アドセンス違反になる画像】

・アダルト
 →判断基準は不明確、確実に安全なものを選ぶ

・ディズニー

・ジャニーズタレント

・一般人
 →メディア露出している人は例外(?)

・暴力的

【アドセンス違反になるワード】

・反社会的・暴力的な表現

・アダルトな表現

・一般人の個人名

・文脈よりも「単語の意味」

《一言》

ネットビジネスにおいて、ブログで稼いでいくためには「Googleアドセンス」に登録して広告を掲載する必要があります。

つまり、アドセンスに登録できない場合や、アドセンスから違反対象者だとみなされてしまうと、ブログで稼ぐ方法が極めて限定的になってしまいます。

そうならないようにするためには、「Googleアドセンスの規約に違反しない」ということが重要です。

今回の動画では、「NG画像」と「NGワード」について解説されています。

どちらも、一般的に考えて「あ、これは使っちゃマズイだろうな」と思えるようなものばかりであり、ある意味では今更感があります。

しかし、本人にそうした意思がなくても、アドセンス運営側に「違反である」とみなされてしまったらそれでおしまいです。

そうならないようにするには、使用する画像やワードについて、常に目を光らせていくことです。

特に重要なのは「ワード」の方で、ブログを書くにあたっては画像は必須ではありませんがワードは必須です。

しかも、画像以上に数が多いため、ブログのテーマによってはグレーゾーンギリギリなワードばかり扱わなければならないことも十分に考えられます。

規約違反をしないためには、そうしたギリギリな表現は可能な限り避けて、内容的にどうしてもそのワードや画像を使用しなければならない場合には、他の表現に移せないか、使用するにあたっては本当に大丈夫なのかということを入念に確認しておきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ