YouTube動画投稿のデフォルト設定で作業効率をアップさせる

スポンサードリンク

《ここがオススメ》

動画投稿数が多いユーザー向けに、作業量を少しでも減らすテクニックを紹介しています。

《この動画の要約》

・動画に毎回設定している「定型文」のようなもの、毎回細かく設定するのは面倒!
 →予め設定することで作業量を少なくすることが出来ます。

・右上のアイコン(初期段階では青色の人型)をクリックして「クリエイターツール」をクリックします。
 ↓
・「チャンネル」ボタンをクリックして、「アップロード動画のデフォルト設定」をクリックします。
 ↓
・様々な設定を行うことが出来ます。

・①プライバシー
 →動画の公開・非公開・限定公開を初期設定できます。

・②カテゴリ
 →動画のカテゴリーを設定できます。

・③ライセンス
 →よく分からない(?)

・④タイトル
 →毎回使うようなキーワードを入力しておくと、後ほど楽になります。

・⑤説明
 →動画説明文に毎回使うようなキーワードを入力しておけば、後ほど楽になります。

・⑥タグ
 →毎回使うタグがあれば、後ほど楽になります。複数のタグを入力したい場合、「半角のコンマ」で区切っておく必要があります。また、あなたの「チャンネル名」を入力しておけば、「動画の関連度」が上昇します。

・⑦広告フォーマット
 →広告の入れ方を設定できます。

・「保存」ボタンをクリックすることをお忘れなく
 →忘れたら、全てやり直しです。

《一言》

動画投稿数が多い、投稿頻度が多いと、毎回の作業が億劫になってしまいます。

アップロードの際に設定しなければならないこと、しかし、毎回同じように設定するのであれば、初期段階で規定の内容になっていれば、作業が幾つかスキップできて作業時間が単色出来るという内容の動画です。

比較的に中級者向けの情報だと思いますが、初心者の段階で知っておいても決して損ではありません。

特に、動画投稿数が多くなってくるユーザーは、この情報を知っているだけで動画投稿に際してストレスが大きく緩和されることでしょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ