ムービーメーカーの基本的な使い方【超初心者向け】

スポンサードリンク

Windowsムービーメーカーで

簡単な動画を作る方法と、

その際に使用する各種機能を

実際に使用しているところを解説している

動画です。

 

レビュー★★☆☆☆

 

《ここがオススメ》

Windowsムービーメーカーの

各種機能を、実地を交えて解説している

ところが分かりやすくてオススメ!

 

《この動画の要約》

 

・画像や動画データは

「ドラッグ&ドロップ」で挿入できます。

 

・「編集」の「再生時間」で、

各パネルの再生時間を変更することが

できます。

 

・動画の一部を削除したい場合、

「分割」をクリックすると動画がその部分で

分割されるので、削除したい部分を

分割して削除しましょう。

 

・「視覚効果」で、様々な

表現が可能になります。

 

・音声データも同様に

「ドラッグ&ドロップ」で挿入でき、

ドラッグすることで開始時間を変更できます。

 

・「音楽ツール」で、ボリュームを

変更したり「フェードイン・アウト」も利用できます。

 

・「タイトル」と「キャプション(字幕)」を

編集することができます。

→文字の大きさ等も編集できますが、

そこまで多くの機能があるわけでもない

 

・キャプションは「スクロール」等の

視覚効果をつけることができます。

 

《一言》

 

ムービーメーカーは、パソコンに

標準搭載されていることが多いソフトで、

簡単な動画を作ることができるツールです。

 

Youtubeに投稿する動画も、

多くはムービーメーカーで作成されたもので、

簡単なものであれば数分で

完成させることも可能です。

 

画像や動画、音声データを

使用することでオリジナルの動画を

作ることができますが、著作権の

問題については常に注意しておきましょう。

 

簡単ながら、様々な視覚効果や

音声効果を持つツールでもあり、

同じキャプションでもアニメーションを

変更することで全く違う印象を

与えることも可能です。

 

ネットビジネス初心者であれば、

毎日でも触ってもらいたいツールです。

 

動画で説明されているのは

ごく簡単な機能ばかりで、実際に

触りながらどんな機能か試してほしい内容です。

 

専用のフォルダを用意しておくと、

今後の動画作成がはかどります。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ