ブログが消えた!ワードプレスのデータをバックアップする『BackWPup』

スポンサードリンク

ワードプレス用プラグイン「BackWPup」のインストール方法と、ワードプレスでの実際の設定方法についての実践動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

「BackWPup」をインストールする方法と、実際に使用するための設定方法について解説されているのがオススメ!

《この動画の要約》

【BackWPupのインストール方法】

①「プラグイン」「新規追加」を選択します。
 ↓
②「BackWPup」と入力して「プラグインの検索」をクリックします。
 ↓
③同名のプラグインを探し出し、「いますぐインストール」をクリックします。
 ↓
④「プラグインを有効化」をクリックします。
 
【BackWPupの使用方法】

①「Add new job」をクリックします。
 ↓
②「Job Tasks」の部分で、上から4つ目までチェックを入れておきます。
 ↓
③「Scedule」のタグをクリックし、「with wordpress cron」にチェックを入れます。
 ↓   →自動的にバックアップを取るようになる
④「Sceduler」の部分で、バックアップを取るスケジュールを設定します。
 ↓
⑤「DB Backup」のタブをクリックし、「GZip」にチェックを入れます。
 ↓
⑥「XML export」のタブをクリックし、「All content」と「GZip」にチェックを入れます。
 ↓
⑦「Plugins」のタブをクリックし、「GZip」にチェックを入れます。
 ↓
⑧すべての設定が完了したら「Save changes」をクリックします。
 ↓
⑨管理画面の「Jobs」をクリックします。
 ↓
⑩「Run now」をクリックします。
 ↓
⑪管理画面の「Backups」をクリックします。
 ↓
⑫先ほどバックアップした内容を「Download」をクリックしてダウンロードします。

《一言》

ブログで稼いでいこうと考えているのであれば、これから数多くの記事を書いていくことになるでしょう。

それらは消滅することなく蓄積していくのですが、いつ、どんな出来事でそういった蓄積してきたデータが消失するか分かったものではありません。

消失したデータは、二度と元には戻りません。

それを可能にするのが、「バックアップ」ということです。

ネットビジネスでは、現実世界での書類のように形あるもので資産を残すことができません(できても復旧には相当な手間がかかる)。

今回紹介しているプラグインを使えば、ワンタッチでバックアップが可能になります。

設定は英語なのでわからないことも多いかと思いますが、ときおり設定を覗いてみて、自分のサイト運営方針に合った設定方法があれば実行していきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ