【プロから学ぶ】ムービーメーカーで自作エンドロールを作る方法【基本操作編】

スポンサードリンク

ムービーメーカーを使ったエンドロール作成についての動画です。

レビュー:★★★☆☆

《ここがオススメ》

ムービーメーカーを使ったエンドロールの簡単な作り方を解説しているのがオススメ!

《この動画の要約》

【エンドロールの作り方】

①ムービーメーカーを起動して、エンドロールに使用する画像を挿入します。
 ↓
②「編集」タブの「再生時間」で、各画像の表示時間を決めます。
 ↓
③「アニメーション」タブで、視覚効果を決定します。
 ↓  →「すべてに適用」をクリックすると、すべてのパネルにアニメーションが適用
④「ホーム」タブの「クレジット」を選択して、クレジット文章を入力します。
 ↓  →クレジット内容をメモ帳等で別途用意しておくと便利
⑤左端(セーフティ-ゾーン)は確保しておきます。
 ↓
⑥作成したクレジットのパネルを、クレジットを表示させたい部分までタイムラインで操作します。
 ↓
⑦クレジットの表示時間を「テキストの表示時間」で設定します。
 ↓
⑧「タイトル」や「挨拶文」を作る場合、必要な画像や動画データを挿入して「キャプション」をクリックして文章を挿入し、アニメーションを設定します。
 ↓
⑨BGMを挿入します。

この動画の続きはこちらでご覧いただけます。
【プロから学ぶ】ムービーメーカーで自作エンドロールを作る方法【応用操作編】

《一言》

初心者でも無料ツールを使って立派なエンドロールを作ることができます。

動画内では多分ですが、結婚式か何かに使う動画を作っているのでしょう。

この技術は、Youtubeで動画をアップロードする際にも利用できるテクニックなので、是非ともマスターしましょう。

ただ、動画では「ある程度、ムービーメーカーを使える」という前提で進めている体なので、全くムービーメーカーを使ったことがない人だとちんぷんかんぷんかもしれません。

このソフトは「習うより慣れろ」の言葉が似合うので、とにかく一度触ってみてもらいたいです(WINDOWSパソコンなら、スタートの中に入っていると思います)。

アニメーションにも様々な効果が用意されているので、すべてを見比べて、自分が欲しい視覚効果を選ぶ必要があります。

また、複数の素材を用いる必要性も出てくるので、動画作成に使用する画像や音声データは、専用のフォルダを用意して整理しておくと便利です。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ