YouTube「カード機能」の使い方 スマホ表示で再生回数をアップさせよう

スポンサードリンク

Youtubeのカード機能の設定についての動画です。

レビュー:★★★☆☆

《ここがオススメ》

Youtubeの動画にカードを設定する方法と、実際にカードがどのように機能しているかが解説されているのがオススメ!

《この動画の要約》

①Youtubeにログインし、カードを編集したい動画を開きます。
 ↓
②動画下側にある「カード」をクリックします。
 ↓
③「カードを追加」をクリックします。
 ↓
④カードを挿入することで、外部へのリンクを作成することができます。
 ↓
⑤リンク先のウェブサイトのURLを入力します。
 ↓
⑥「行動を促すフレーズ」を入力し、「カードを作成」をクリックします。
 ↓
⑦カーソルを動かすことで、カードの挿入位置を調節することができます。

・Youtubeの動画を追加する場合、「動画」と「再生リスト」から選べます。

・作成したカードは、「カードを追加」の下にあるボタンで編集することができます。

《一言》

カードを追加することの意味については別の記事(動画)で解説しているのですが、スマホでYoutubeの動画を見ているユーザー向けの設定です。

スマホを保有している人は全国で数多く存在し、その多くの人がアプリでYoutubeの動画を閲覧しています。

カードと同じ機能を有する「アノテーション」という機能がありますが、アノテーションはスマホには未対応で、これまではスマホユーザーに対してアノテーションの機能の影響を与えられませんでした。

2015年の春から追加されたカード機能は、スマホユーザー向けに動画やサイトを宣伝したい場合に極めて有効で、その効果は既に多くのユーチューバーが享受しています。

ネットビジネス初心者が月10万円も稼ごうと思ったら、そうした努力を惜しまないことが重要で、貪欲とも思えるほどの誘導の努力あってこそ多くの再生回数を稼げるのです。

設定自体も極めて簡単ですので、動画をアップロードしたらカードの設定も忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ