YouTubeのカード機能で再生回数や集客力を上げる方法

スポンサードリンク

Youtubeの機能「カード」についての動画です。

レビュー:★★★☆☆

《ここがオススメ》

Youtubeの機能「カード」についてと、その有効性についての実地データでの検証があるのがオススメ!

《この動画の要約》

・「カード」という機能を利用する

・右上に「i」のボタンを表示させて、「ふせん」のような機能を有します。

・クリックすると「お勧め動画」を表示します。

・カードの狙いは「スマホ」ではないのか?
 →アノテーションはスマホには表示できない

・スマホは関連動画の誘致が弱い
 →パソコンに比べて視聴の滞在時間が短く、広告の機会損失

・カードの設置によって、スマホのアクセスが改善されていきます。

・即座に効果が表れることが予測されます。

・動画の例では「7人に1人」がクリックしているという結果

《一言》

動画内では「新機能」と評価していますが、実際に導入されたのは2015年3月中旬なので、もうすぐ1年になります。

この機能のミソは「スマホ視聴者をより長く引き込む」ということです。

アノテーションの機能はスマートフォンに未対応であり、Youtubeの滞在時間が短いことはYoutubeの運営側も「広告の視聴のチャンスを逃している」と考えたのでしょう。

そこで、スマホ向けの機能として、このカードが役に立つということです。

スマホでのYoutube利用者数は多く、カード機能を用いてスマホからの視聴者をより多く取り込むことで、動画の視聴回数を増やすことができます。

Youtube初心者でも、これでスマホからの視聴者を多く取り入れて、すぐさま再生回数の向上に役立てることができます。

既に「新機能」ではありませんが、今現在でも極めて有効な手段として活用することができます。

動画では「中級者向け」の内容となっていますが、Youtubeのヘルプにもカード導入の方法が詳しく解説されているので、ある程度動画作成に余裕ができて来たら導入してみましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ