YouTubeで23万回再生された関連動画の攻略法

スポンサードリンク

関連動画によって再生回数を稼ぐ方法についての動画です。

レビュー:★★☆☆☆

《ここがオススメ》

初心者でも簡単に動画再生数を稼ぐ方法と、そのための「人気動画の探し方」「タグの調べ方」が解説されているのがオススメ!

《この動画の要約》

・時間をかけずに作成した動画でも再生回数を稼げます。

・放送が終了したドラマでも再生回数を稼ぎ続けている事例があります。

・視聴の多くは「関連動画」から。
 →動画再生中に右側にラインナップされている動画

・言い方を替えれば「寄生」

・カギを握るのは「タグ」

・寄生する動画は、Youtubeの「トップ画面」から探しましょう。
 →再生数が急上昇している動画が選ばれている

・「再生回数」の多さは、あまり参考になりません。
 →ずっと前にアップされていれば、最近再生されていなくても回数自体は多い

・ここ最近で再生されている動画でなければ寄生の意味がありません。

・動画再生中に右クリックして「ソース」をクリックし、「metaname keyword」とあり、その右にある単語がその動画の「タグ」になります。
 →これを押さえるのが重要

・そのタグを自分の動画に入力することで、関連動画になれます。

・3つの人気動画から同じ作業を行うことで、より多くの再生回数を稼げます。

・タグは「65個」までしか入力できません。
 →寄生する動画はきちんと選ぶ必要がある

《一言》

動画は9分までで問題ないでしょう(それ以降はアップロード者のメルマガのCMなので)。

簡単に作った動画でも再生回数を稼ぐ方法としては、「他の人気動画から人を呼び込む」とうことです。

そこで利用するのが「関連動画」と「タグ」です。

動画を再生していると、右側にアップロード者の区別なく動画が羅列されているのですが、Youtubeが「再生中の動画と同じタグを持つ動画=関連がある動画」を紹介しているのです。

人気動画と同じタグを持つということは、人気動画を視聴している人が他に見たいと思う動画を並べているのであって、人気動画と同じタグを自分の動画に導入することで関連動画から視聴者を呼び込むことができるのです。

ただ、あまりにも無関係なタグばかり入れてしまうと通報されかねませんので、あまり調子に乗らないほうが良いですね。

内容自体は悪くないのですが、動画で説明されていない(同じ画面しか写さない)ので評価は★2個で。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ