【タイピング風】AviUtlでテキストを1文字ずつ表示させる方法

スポンサードリンク

AviUtlの動画編集において、

入力したテキストを1文字ずつ表示していくという

アニメーション効果の設定方法について

解説している動画です。

 

レビュー★★★★☆

 

《ここがオススメ》

 

テキストの表示やその他の部分でも、

細かい部分まで丁寧に説明されているので

初心者でも理解しやすいところがオススメ!

 

《この動画の要約》

 

・AviUtlそのものや、プラグインの読み込みなどは

済ませておくことを前提とする

(別動画での解説となるので、

方法がわからない場合はそちらを確認する)

 

【AviUtlを使って、テキストを1文字ずつ表示させる編集方法】

 

①AviUtlを起動する

②「設定→拡張編集の設定」をクリックする

③「表示→再生ウインドウの表示」をクリックする

④画像データをAviUtlに読み込む

(画像ファイルのサイズを設定する)

⑤画像の表示時間を、拡張編集画面の

タイムラインの青いバーを調整して設定する

⑥レイヤーの空白部分を右クリックして

「フィルタオブジェクトの追加→シーンチェンジ」をクリックする

⑦シーンチェンジの編集ウインドウを操作し、

アニメーション効果を選択する

⑧シーンチェンジのタイムラインを調整して、

再生場所と再生時間を調整する

⑨シーンチェンジのタイムラインを右クリックして

コピーして、任意の箇所に貼り付ける

⑩利用したい音声ファイルをAviUtlに読み込む

⑪タイムラインの赤いバーを調整し、

音声ファイルのバーを右クリックして「分割」をクリックする

⑫不要な部分を右クリックして「削除」

もしくはデリートキー押して削除する

⑬音楽ファイルの編集ウインドウの右上の

「+」をクリックし、「音量フェード」をクリックする

⑭フェードインとフェードアウトの設定を、

数値を調整して設定する

⑮タイムラインの空白部分で右クリックして

「メディアオブジェクト→テキスト」をクリックする

⑯テキストを表示したい場所に

合わせてタイムラインのバーを調整する

⑰テキストの編集ウインドウの

テキストボックスに文章を入力する

⑱フォントの種類や文字の種類などを設定する

(実際に設定してみると違いがわかりやすい)

⑲「表示速度」の数値を設定する

(「1」に設定すると、1秒間で1文字表示されるという

設定になる、数値は「1秒間で表示される文字数」となる)

⑳同じ設定でテキストを表示したい場合、

タイムラインのテキストのバーをコピーして、

テキストボックス内のテキストだけ変更する

21タイムラインの余白を削除する場合は、

タイムラインの赤いバーを終了位置に合わせてから

右クリックして「範囲設定→現在位置を最終フレーム」を

クリックする

22「ファイル→AVI出力」をクリックし、

動画ファイルを保存する

23出力されたAVI形式の動画ファイルを再生し、

完成の出来を確認しておく

 

・手順②と③は、最初から該当のウインドウが

表示されている場合は操作する必要がない

 

《一言》

 

動画にテキストを表示させるだけであれば、

そこまで手間を掛けずに編集作業を完了させることが出来ますが、

非常に味気ない作品に仕上がってしまう可能性が大きいです。

 

これに一手間加える方法はいくつか選択肢がありますが、

今回はタイピング形式のように1文字ずつ表示させるという

アニメーション効果を利用しています。

 

こうして一手間加えていることで、

「ベテランが作っている動画である」という雰囲気を

出すことが出来ますが、あまりにも過剰にこうした

アニメーション効果などを使った演出を取り入れすぎると、

今度は素人っぽさが浮き出てしまいます。

 

あくまでも「視聴者にとっての見やすさ」や

「ちょっとしたアクセント」程度におさえておけば、

編集の効果を最大限に発揮することができるはずです。

 

それと、動画編集を行う際には「プロジェクトの保存」を行い、

編集内容をそのままいつでも再現できるようにしておくと、

完成した動画にミスが有ったときなどに即座に

復旧することができます。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ