【横スクロールあり】AviUtlでテキストをスクロールさせる方法

スポンサードリンク

動画編集ソフト「AviUtl」でテキストを

表示させてスクロールさせる方法

(横スクロール・縦スクロール)などについて

解説している動画です。

レビュー★★★★☆

 

《ここがオススメ》

 

動画編集に必要なテクニックについて、

メインとなるテキストのスクロール以外の部分についても

丁寧に解説しているところが初心者にも

わかりやすくてオススメ!

 

《この動画の要約》

 

・使用するにあたって「拡張編集」の画面と

「再生ウインドウ」を表示させておく
→拡張編集は「設定→拡張編集の設定」、

再生ウインドウは「表示→再生ウインドウの表示」に

チェックを入れる

 

①AviUtlに画像ファイルを読み込む

②タイムラインを調整して、画像の表示時間を調整する

③必要に応じて①~②の作業を繰り返す

④タイムラインの帯の部分をクリックして該当の画像ファイルを選択し、

「画像ファイル(標準描画)」のウインドウを表示させる

⑤「拡大率」をクリックし、「直線移動」をクリックする

⑥左側の数値が最初の状態、右側の数値を最後の状態として、

数値を調整して画像の拡大・縮小スクロール編集を行う

⑦拡張編集画面のタイムラインを右クリックして

「フィルタオブジェクト→シーンチェンジ」をクリックする

⑧シーンチェンジエフェクトの種類を選択して、

必要に応じて各種設定を行う

⑨動画ファイルを読み込む(プラグインの読み込みが必要)

⑩動画ファイルのタイムラインで赤いスクロールバーを

調整して右クリックして「分割」をクリックする

⑪不要な部分に該当するタイムラインを選択して右クリックし、

「削除」またはデリートキーを押して削除する

⑫音声ファイルを読み込む

⑬「手順⑪」と同じ手順で不要な部分を削除する

⑭音声ファイルの編集ウインドウの右上の

「+」をクリックして「音量フェード」をクリックする

⑮数値を調整して「フェードイン」「フェードアウト」の設定を行う

⑯新しいレイヤーの部分で右クリックして

「メディアオブジェクトの追加→テキスト」をクリックする

⑰タイムラインのバーを調整して、

テキストの表示時間を設定する

⑱テキストの編集ウインドウの下側にあるテキストボックスに文字を入力する

⑲「フォント」「文字の種類」「文字の色」などを編集する

⑳メイン画面のテキストをドラッグして、

テキストの表示場所を決定する

21「自動スクロール」にチェックを入れる

22「縦スクロール」にしたい場合、

テキストボックスの文章を任意の箇所で改行する

23追加でテキストを入力して「表示速度」を設定することで、

1文字ずつ表示されるテキストを作ることができる

24赤いスクロールバーを調整して右クリックし、

「範囲設定→現在位置を最終フレーム」をクリックして、

不要なフレームを削除する

25「ファイル→AVI出力」をクリックし、

完成した動画ファイルを保存する

26「ファイル→編集プロジェクトの保存」を

クリックし、編集状態を保存する

27完成した動画ファイルを再生し、出来を確認しておく

(問題があればプロジェクトを読み込んで編集することができる)

 

《一言》

 

動画の編集作業は、

YouTubeでのビジネスだけでなく、

さまざまな場面で活用する可能性がある作業です。

 

AviUtlは利便性の高い機能を多数保有する反面、

その多すぎる拡張機能によって初心者にとっては

敷居の高い存在として認識されがちです。

 

ですが、全ての機能を使いこなす必要はありませんし、

使っていく中で今まで使ってこなかった機能の

利便性と使い方に気がついて、さらに動画編集の

品質を高めることもできます。

 

全ての機能を最初から使いこなす必要はないので、

まずはこの動画のように必要最低限の編集作業は

こなしていけるように経験を積んでいく事が重要です。

 

もちろん、AviUtl以外の動画編集ソフトも

使っていくことになりますが、焦らずに少しずつ

使いこなせるようになる必要があり、そのためには

動画編集の経験(数)をこなしていくことが重要です。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ