YouTube動画の著作権侵害に対する異議申し立てについて

スポンサードリンク

Youtubeにおける著作権侵害の申し立てに対する異議申し立てについての動画です。

レビュー:★★★☆☆

《ここがオススメ》

「第三者のコンテンツとの一致による著作権侵害の申し立て」に対する異議申し立てにおけるテクニックと心構えが解説されているのがオススメ!

《この動画の要約》

・音楽系の著作物はそれそのものを使用することはNGでも、自分で演奏しているものはOKなので、その旨を伝えましょう。

・異議申し立てが受け入れられない場合もあります。
 →「購入元」や「許可の有無」についてきちんと申し立てを行う

・Youtubeの音源が最も安全

・著作権侵害の申し立てをしてきたアカウントに広告収入を持っていかれる可能性があります。

《一言》

アップロード者の推測の部分は解説していません。

この動画で重要なのは、「あなたが著作権侵害をしていないのであれば、第三者からの著作権侵害についての申し立てには、きちんと異議を申し立てるべきである」ということです。

ネットでの著作権の問題は何年も前から議論があり、著作権を無視した制作物はネット上でもかなりの問題となっています。

Youtubeに投稿されている動画にも当然ながら著作権の問題はのしかかるものであり、それを違反している場合には削除という結末が待っています。

悪質な場合にはアカウント停止処分まで下されるのですが、謂れなき場合にも著作権違反であると言われる場合もありいます。

善意や間違いによるものであればまだしも、悪意をもって申し立てを行うユーザーがいることも事実です。

そうした申し立てに対してはこちらからも異議を申し立て、正当な権利を主張するべきなのです。

チャンネルが大きくなればなるほどこうした問題はのしかかってきます(なので、リスク分散等の手間も必要なのですが)。

ネットビジネス初心者はそこまで問題視することも無いのでしょうが、月10万円も稼ぐようになれば嫌でもこうした問題に直面することになります。

もちろん、著作権を侵害してしまっている場合には、おとなしく動画を削除するべきなのでしょうが・・・

初心者が覚えておくべきことは、「著作権を侵害しない」「謂れなき申告にはきちんと対応する」ということです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ