YouTubeアカウントを完全に削除する方法 チャンネルとの違いも解説

スポンサードリンク

「YouTubeアカウントの削除」と

「YouTubeチャンネルの削除」に関して、

それぞれの意味と方法について解説している動画です。

 

レビュー★★★★☆

 

《ここがオススメ》

アカウントの削除とチャンネルの削除の

それぞれの意味について十分に解説した上で、

削除方法についても細かくわかりやすく

解説しているところがオススメ!

 

《この動画の要約》

 

【YouTubeアカウントとYouTubeチャンネルの違いについて】

 

・YouTubeアカウントを作るためには

「1つのGメールアドレス」を必要とする

 

→Gメールアドレスを持っている=

YouTubeアカウントを持っているということになる

 

→Gメールアドレスを持っていることで、

Googleが提供するさまざまなサービスを

利用することができるようになる

(ひっくるめて「Googleアカウント」)

 

・Googkeアカウントで利用できるサービスの一つに、

YouTubeアカウントが存在するという位置づけ

 

・YouTubeチャンネルは、YouTubeアカウントの

中で作ることができるチャンネルのこと

 

→YouTubeチャンネルで自分の動画を

アップロードしたり、他人の動画にコメントを

残すことなどができるようになる

 

・YouTubeアカウント=Googleアカウント

 

・YouTubeチャンネル=YouTube

アカウントの中のチャンネルの一つ

 

・YouTubeアカウント単体を削除するということは出来ない

 

→YouTubeアカウント=Googleアカウントなので、

同時にGoogleアカウントを削除することになる

 

・YouTubeチャンネルを削除するということは、

Googleアカウントには直接影響しない

 

【YouTubeアカウントの削除について】

・YouTubeアカウントを削除するということは、

Googleアカウントを削除することになる

 

→取得したGメールも使えなくなるということになる

 

・YouTubeチャンネルを削除する場合は

Googleアカウントには影響しないので、

取得したGメールはそのまま使える

 

【YouTubeアカウントやチャンネルを削除するのはどんなときか?】

 

・YouTube用にGoogleアカウントを作ったものの、

そのYouTubeアカウントが停止されてしまったため、

アカウント自体がもはや必要なくなった場合

 

・YouTubeでの動画投稿を辞めたので

YouTubeチャンネルは不要になったが、

Gメールなどは今まで通り使いたい

(Googleアカウントは残したい)という場合

 

【YouTubeの削除方法】

 

・「マイアカウント設定」から削除することが可能

 

→YouTubeアカウントが停止されている場合は

マイアカウント設定に移動できないので、

URLに直接移動する必要がある

(URLは動画内8分あたりに記載)

 

①マイアカウントにアクセスし、

「アカウント設定」の項目の一番下にある

「アカウントやサービスの削除」をクリックする

②「Googleアカウントとデータを削除」をクリックする

③パスワードを入力する

(アカウントが違っている場合は

「別のアカウントでログイン」をクリックする)

④画面下までスクロールし、2つの項目に

チェックを入れた状態で「アカウントの削除」をクリックする

 

【YouTubeチャンネルの削除方法】

 

・YouTubeのチャンネルから削除することが可能

 

①YouTubeにログインした状態で、

画面右上のアイコンをクリックし、

「歯車のマーク」をクリックする

②表示されたメールアドレス下にある

「詳細設定」をクリックする

③「チャンネルを削除」をクリックする

 

【アカウントやチャンネルを削除するにあたって注意すべきこと】

 

・どちらを削除するのかによって意味合いは大きく異なる

 

→自分がどちらの結果を必要としているのかを

理解した上で、どちらを実行するべきなのかを

判断して実行する

 

《一言》

 

それぞれを削除することになるような事情には、

そう簡単にはならないとは思いますが、

場合によってはアカウントかチャンネルを

削除することになる可能性もあります。

 

その際に、自分がどういった理由で削除を行うのか、

つまり「どういった結果を求めるのか」ということを

正確に把握しておかないと、

余計な部分まで削除してしまったり、

必要な結果を得られなくなってしまう可能性があります。

 

削除方法自体が非常に手軽であるため、

そこに至るまでにきちんと考えをまとめておき、

間違った方法を実行しないように注意しましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ