YouTubeアドセンスで高単価の広告を表示させる方法

スポンサードリンク

YouTubeの収入のメインである「広告」の種類と、

良い広告を表示してもらうためのチャンネルの

育て方について解説している動画です。

 

レビュー★★★☆☆

 

《ここがオススメ》

広告の種類とチャンネルの良し悪しに関して、

動画投稿初心者でもわかりやすい言葉を

使って説明しているところが理解しやすくてオススメ!

 

《この動画の要約》

 

【YouTubeの広告の種類】

 

・ディスプレイ広告

 

→おすすめの動画の一覧の上部分に表示される広告

 

・オーバーレイ広告

 

→表示されている動画画面の下3分の1程度の

スペースに表示されている広告

 

・スキップ可能な動画広告

 

→動画の最初や動画の途中で表示される、5秒程度

再生すると広告スキップが可能になるタイプの広告

 

→スキップすると元の動画が再生されるようになる

 

・スキップ不可能な動画広告

 

→最後まで再生しないと動画が再生されないタイプの動画広告

 

→5秒~30秒の広告が多い

 

・スポンサーカード

 

→動画の横に表示されるタイプの広告

 

→アップロード者はあまり見たことがないタイプの広告

 

【YouTubeの広告について】

 

・YouTubeに動画をアップロードするにあたって、

「どの広告を使うか」というのは

アップロード者の方から指定することはできない

 

→広告の種類によって「クリックされやすい広告」や

「収入を稼ぎやすい広告」というものもあるが、

ユーザー側がそれを指定するようなことはできない

 

・GoogleやYouTubeが、「アルゴリズム」で

チャンネルを判断して、良いと思われるチャンネルには

良い広告を流す仕組みになるように仕向けているとされている

 

→営利企業であることを考えれば正しい選択である

 

【YouTubeは、どこを見てチャンネルの良し悪しを決めているのか】

 

・見ているのは「チャンネルパワー」である

 

→中でも見ているところは「視聴者維持率」と

「総視聴時間の長さ」を重視している

 

→チャンネルの人気のバロメーターとして取扱されているということ

 

・これはYouTubeのヘルプにも記載されている内容でもある

 

・チャンネルパワーを上げるには、

まず投稿に慣れるまでは意識する必要はない

 

→最初からガチガチで固めようとすれば

何から手を付けてよいのかわからなくなる

 

・余裕が出てきたら以下の点を意識するようにする

 

【動画投稿に慣れてきたら意識すべきポイント】

 

・動画ごとの視聴者維持率(50~60%)

 

・動画ごとの視聴時間

 

→「動画そのものの再生時間」ではなく「視聴される時間」のこと

 

→直帰されてしまえばチャンネルパワーにはつながらない

 

・「Good」やコメントが入るような」共感される動画」や

「共感されるチャンネル」を作ること

 

・YouTubeの「ヘルプ」を確認し、

広告の種類などについて情報を収集する

 

・「動画の管理」を開き、投稿済みの動画の「アナリティクス」を活用する

 

→上記の数値データを確認し、分析するようにする

 

→次回以降の動画投稿の際に参考にする

 

《一言》

 

YouTubeに動画を投稿していく最初のうちは、

分析よりも「数をこなす」ということが重要です。

 

こういった分析は最終的には確実に

必要になることではありますが、動画投稿を始めたころは

まず「再生されない」という状態なので、

とにかく動画の数を増やし、チャンネルのコンテンツを

増やすとともに動画編集のテクニックを磨いていく必要があります。

 

 

最初から広告の種類や収入の増やし方を意識していては、

自分なりの動画投稿というものが出来なくなってしまい

長続きしません。

 

最初のうちは広告についての知識はそこまで必要としないので、

「そのうち、こういうことも勉強していかなければいけないんだな」

程度に考えておけば十分でしょう。

 

広告の種類や広告に関する環境は、

時間が経過すると変化することも少なくないので、

何か規約等が変更されたらその都度確認しておくようにすると

健全なネットビジネスを継続しやすくなりますので、

可能であればそこも十分に意識しておきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ