ムービーメーカーで文字をスクロールしたり速度を変更する方法

スポンサードリンク

動画の字幕をスクロールさせるにあたって、

その速度を調整する方法として

「Windowsムービーメーカー」を使った

方法について解説している動画です。

 

レビュー★☆☆☆☆

 

《ここがオススメ》

Windowsムービーメーカーでの

キャプションの設定方法だけでなく、

背景となる画像の明るさの調整方法として

「フォトスケープ」の使い方も解説している

ところがオススメ!

 

《この動画の要約》

 

・YouTube動画を見ていると

「文章が下から上に流れている」動画が見られる

→文章が流れるスピードに違和感を

感じることがあり、変更させたいと考えることも

 

【Windowsムービーメーカーを使ったスクロール速度の変更方法】

 

①WINDOWSムービーメーカーを起動する

②画像ファイルを読み込む

(後述の「フォトスケープ」を使って背景を

暗くしている画像を使用している)

③「キャプション」をクリックする

④元ネタとなる記事文章をコピーして貼り付ける

⑤「スクロール」を選択して、貼り付けた文字が

下から上に流れるように設定する

⑥貼り付けた文章の太さなどを編集する

⑦画像ファイルをコピーして、

再生時間に応じて貼り付ける

⑧テキストの表示時間を設定する

⑨ムービーを保存する

⑩保存した動画を読み込む

⑪「停止位置」を使用して、テキストの表示タイミングを

考慮した動画の停止タイミングを設定する

⑫ムービーを保存する

 

【画像の背景の編集方法】

 

①「フォトスケープ」を起動し、編集したい画像を読み込む

②「ホーム」タブから「明るさ_カラー」をクリックする

③明るさを設定し、画像を暗くする

④名前をつけて保存し、元の画像とは

別のファイルとして保存する

 

《一言》

 

実はこの方法以外にも

「再生時間を伸ばす」方法はあります。

 

というよりももっとスマートな方法で、

「ビデオツール」にある「再生時間」を調整することで、

字幕の表示時間と合わせることによって

動画自体の再生時間を1枚の画像ファイルだけで

調整することができます。

 

画像をコピーする方法だと

「7の倍数の秒数」にしかできませんが、

この方法だと細かく調整できます。

 

このように、同じ結果をもたらす場合でも

複数の方法があり、独自の方法が数多く

存在するということです。

 

自分なりの方法を見つけてみるのも面白いですね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ