YouTubeの投稿済みの動画に字幕をつける(設定/編集する)方法

スポンサードリンク

既にYouTubeに投稿した状態の動画に、

アップロードしている状態のまま「字幕」を

追加する方法について解説している動画です。

 

レビュー★★☆☆☆

 

《ここがオススメ》

YouTubeにアップロードした動画に

字幕をつける方法に関して、

操作の細かい部分まできちんと

解説しているので理解しやすいところが

オススメ!

 

《この動画の要約》

 

①YouTubeのトップページから

「クリエイターツール」を開く

②個別の動画の「編集」の横にある

「▼」マークをクリックして「字幕」をクリックする

③「日本語」を選択して

「言語を設定」をクリックする

④「日本語 自動」をクリックすると、

自動で文字起こしが行われる

⑤「編集」をクリックする

⑥修正したい部分を入力し直して

修正する(修正内容は英語でも問題無い)

⑦「編集内容を公開」をクリックする

 

・字幕の自動文字起こしの機能は、

動画の音声を基にして自動的に

字幕化してくれる機能

→時間短縮にはもってこいだが、精度は極めて悪い

→個別に修正する必要がある

 

・字幕自動化の精度は悪いものの、

一から全て字幕化するよりは短い時間で

字幕を編集することができる

 

《一言》

 

YouTubeに字幕をつけることで、

動画の音声が聞き取れなくても

何を言っているのかがユーザーに

理解してもらいやすくなります。

 

例えば

「動画内の音声が大きくて声が聞き取りにくい」

とか「そもそも肉声が聞き取りにくい発音をしている」

等の場合だと、発声内容が聞き取れなくて

ユーザーがストレスを感じてしまい、

二度と再生してもらえなくなってしまいます。

 

そこで、字幕をつけることで

視覚的に動画内の音声を

理解してもらうことができるようになります。

 

動画編集ソフトを利用することで

字幕をつけることができますが、

既にアップロードした動画をそのままの

状態で字幕編集することができますので、

手間を減らすことができます。

 

「自動文字起こし」の機能も

完璧ではないものの、

時間短縮のためには是非とも

活用したい機能です。

 

動画の品質を上げるためにも、

可能であれば字幕を表示できるように

しておきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ