YouTube動画のタグの付け方 数は何個くらいが最も効果ある?

スポンサードリンク

YouTubeにアップロードする動画の

「タグ」の意味と正しい使い方について

解説している動画です。

 

レビュー★★★☆☆

 

《ここがオススメ》

タグにどのような意味があり、

実際にYouTubeでビジネスをヤッていく上で

どのような利用法が適切なのかということを

わかりやすく解説しているところがオススメ!

 

《この動画の要約》

 

【タグについて】

 

・動画を判断するための判断材料の一つ

→はがきにおける「郵便番号」のようなもの?

 

・タグを使って動画をジャンル分けしている

→タグをつけることで動画のジャンルを指定することができる

 

・タグを活用することで動画を整理することができる

→関連動画などに関係する

 

・関連動画の攻略がYouTubeの攻略で重要

 

【関連動画とタグ】

 

・全くジャンルの違うタグを付けると

「スパム」判定されることになる

 

・動画に関連したタグを入れておくことで、

視聴者が動画を見つけやすくなる

 

・関連動画に表示されやすくなる

→再生回数を稼ぎやすくなる

 

・タグスパムは過去に流行っていた手法でもある

→悪質なため、YouTube運営が

タグの重要度を若干下げている

→無意味というわけではないが、

昔ほど重要性が高くない

 

・10個未満のタグが最適だとされている

→無意味にタグを付けすぎることは推奨されていない

 

・関連動画に表示させたいタグを

丸パクリすることで関連度を高めることもできる

→関連度の高さによって関連動画の

表示アルゴリズムにも影響する

 

・より関連動画として表示されやすくなる

→確実なことではないが・・・

 

・タグ以外にも「タイトル」「説明文」も重要な部分である

《一言》

タグは、特定のキーワードを

タグとして付けておくことで、

YouTubeが動画の性質を判断する上で

利用しています。

 

例えば「ネコ」とタグを付ければ、

ネコ関連の動画であることがわかり、

ネコ関連の動画の関連動画として

表示されやすいということになります。

 

タイトルや説明文も当然ながら重要なのですが、

適切なタグ付けをすることで自分の動画が

再生されやすくなるので、

正しく利用していくようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ