Googleアドセンスのペナルティの種類と対処法

スポンサードリンク

Googleアドセンスにおける「ペナルティの原因」と

「ペナルティを受けた場合の対処法」について

解説している動画です。

 

レビュー★★☆☆☆

 

《ここがオススメ》

どういった原因でペナルティを受けてしまうのか、

種類ごとに細かく解説しているところと、

ペナルティを受けてしまった後の

対処法についても詳しく解説しているところが

オススメ!

 

《この動画の要約》

 

【グーグルアドセンスのペナルティの対象となる6つの項目】

 

①自己クリック・人為的なクリック

 

②はみ出した広告

 

③広告を貼りすぎている

 

④広告とコンテンツの間隔が狭すぎる

 

⑤著作権で保護されているコンテンツを使用している

 

⑥クリック誘導を行っている

 

【①自己クリック・人為的なクリック】

 

・自己クリック=自分のブログに

掲載されている広告を自分でクリックすること

 

・人為的クリック=ユーザーが

自分のブログに掲載されている広告を

「意図的に」クリックすること

 

・自己クリックは行わない

 

・人為的なクリックがあったと確認された場合は、

「無効なクリックの連絡フォーム」から

Googleに対して相談を行う

 

・自分のブログに掲載している

「広告コード」が読み取られないように、

アドセンス管理画面の「広告の許可とブロック」から

アドセンスコードを設置できるブログを指定する

→規約違反となるサイトに自分の広告を

勝手に掲載されてしまうことで、

自分が規約違反をしているとみなされてしまう

 

【②はみ出し広告】

 

・ブログを確認して「広告がきちんとおさまっているか」を確認する

 

→「パソコン」「スマートフォン」の両方できちんと確認することが重要

 

【③広告の貼りすぎ】

 

・1つのページに配置することができる

アドセンス広告ユニットは最大で3つまで

 

→4つ配置した場合、4つ目以降の広告は配信されない

 

【④広告とコンテンツの間隔が狭い】

 

・画像コンテンツ等のすぐ上下にアドセンス広告を貼っているような状態

 

・広告コンテンツとその他のコンテンツとの間を「改行」を用いてきちんと確保しておく

 

【⑤著作権で保護されているコンテンツの使用】

 

・著作権に違反するコンテンツをブログ内に使用されている場合

→著作権フリー、YouTubeで認められているコンテンツを使用する

 

・他のサイトの文章を引用する場合には「引用タグ」を用いること

 

【⑥クリック誘導】

 

・広告を貼る場合には、広告の上の部分に

「スポンサーリンク」と記述しておく

 

・広告をクリックしたくなるような表記をしない

→「オススメ」「面白い」「ポチッと」といった表現はNG

 

【Googleアドセンスからペナルティを受けてしまった場合の対処法】

 

・もし、アドセンスからペナルティを

受けてしまった場合、「アドセンス管理画面」

「Eメール」の両方に通知が行われる

→メールに届く通知の方が詳しい情報が掲載されていることが多い

 

①メールに記載されている「申し立て」の部分をクリックする

②自分のブログのどの部分が規約違反をしているかを確認する

③ペナルティ対象箇所を修正して、修正後のURLを記入する

④防止策を記入する(今後は著作権違反をしない、注意する等)

⑤「送信」をクリックする

⑥再審査の通知が行われる

 

・早ければ数日で再審査および

広告の再配信が行われるようになる

 

【アカウント停止のリスク】

 

・場合によっては最初からGoogleアカウントが

停止されてしまうこともある

→広告を掲載することができない、報酬も没収されてしまう

 

・アドセンスアカウントは複数作れない

→アドセンス停止は絶対に避けなければならない

 

・健全なブログ運営が重要になる

 

《一言》

ペナルティは「受けなければ何も問題ない」と

思われる人も多いのですが、

ベテランのアフィリエイターも過去に

最低1回ずつは何らかのペナルティを

受けているものだと思ってください。

 

わかっていても、いつ、どんな原因で

規約違反に該当してしまうかわからないものです。

 

基本的に著作権や規約等をしっかり守る

ということを意識しておけば良いのですが、

それでも「穴」はできるもの、そこを突かれて

ペナルティの対象となってしまいます。

 

ペナルティを受けてしまえば健全な

アフィリエイト運営ができなくなってしまいますので、

早めに対処することをオススメします。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ