Googleアドセンス停止後の再審査の申し立てのやり方

スポンサードリンク

Googleアドセンスが停止されてしまった場合の

「再審査の申し立て」の方法について

解説している動画です。

 

レビュー★★★☆☆

 

《ここがオススメ》

アドセンス停止後に行わなければならない

ことについて細かくかつ簡潔に解説しているので

初心者でもわかりやすいところがオススメ!

 

《この動画の要約》

 

・Googleアドセンスが停止されることは、

アドセンス報酬で稼いでいる人にとっては

死活問題となる

→生命線であるアカウントが

停止された場合はどうすれば良いのか?

 

【アカウントが停止された場合の対処方法】

 

①ポリシー違反についての警告メッセージが送られる

②3営業日以内に該当箇所を改善・修正する

 

【①ポリシー違反についての警告メッセージ】

 

・Googleアドセウスは広告の配信停止の前に

かならず「警告メッセージ」を送信する

→「3営業日以内にアドセンスポリシーに

沿った内容に修正」といった内容

 

・「違反の内容」をきちんと確認しておく

→どのポリシーに違反しているのかの

ヒントに関しても記載がある

 

【②3営業日以内に改善・修正する】

・警告メッセージによる通知後、

改善されずに3営業日が経過すると

広告配信が停止されてしまう

→3営業日以内に改善・

修正しなければならない

 

・3営業日経過後、自動的にアドセンスの

再審査が行われることになる

→適切な改善・修正が行われていれば、

広告配信が停止されるようなことにはならない

 

【警告メッセージを見逃してしまった場合】

 

・「広告配信停止」の通知が行われ、

該当するサイトの広告が全て停止される

 

・サイトの修正作業を行った後に

アドセンスに対して再審査を申し立てることで、

アカウントが復活する可能性は残されている

 

【再審査の申し立ての2ステップ】

 

①Googleアドセンスに再審査の申し立てを行う

②再審査の申し立てをしたら待つ他には何もできない

 

・広告配信停止の通知メールの下部に

再審査申し立てのための専用アドレス

およびIDが記載されている

 

・申し立てのフォームには

「サイトの修正箇所を説明」の項目があるので、

500文字以内で修正箇所を具体的かつ簡潔に記載する

 

・広告停止の警告メッセージは

「受信後の3日間」が勝負になる

 

【Gmailのフィルタ設定】

 

・アドセンスからのメールは全て

携帯電話および確認用のアドレスに

転送するようにする

 

・ラベルも目立つように振り分ける

 

・携帯側でも単独フォルダに振り分けておく

 

《一言》

アカウントが停止されれば、

今までの苦労が水の泡ですし、

以降も稼いでいくことができません。

 

そうならないようにするのが一番なのですが、

ペナルティはどこから起こるかわかりません。

 

即座に対応することで

被害を最小限に抑えられますので、

通知を見逃すことがないようにこまめに

確認することを心がけましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ