YouTube検索ワードを調べて再生回数を増やす方法

スポンサードリンク

Youtubeでのサジェストの活用方法についての動画です。

レビュー:★★★☆☆

《ここがオススメ》

Youtubeで検索されるようなキーワードを調べる「サジェスト」の活用方法が解説されているのがオススメ!

《この動画の要約》

・Youtubeは「動画の内容」から検索される機能はありません。
 →タイトルにキーワードがあるから検索に引っかかる

・「複合キーワード」が重要です。

・検索のテキストボックスに特定のキーワードを入力し、スペースを入力することで「検索回数の多い複合キーワード」が表示されます。

・検索サジェストの上位にありながら、動画投稿数が少ない複合キーワード
 →「需要はある」、しかし「ライバルは少ない」

・定期的にサジェストを調べることで、需要の移り変わりにも対応できるようになります。

・スペースの後に「アルファベットの小文字」を入れることで、それを頭文字とするサジェストを調べることができます。

《一言》

いくら魅力的な動画を作成してアップロードしても、その動画がYoutube視聴者にとって必要とされていない、つまり「需要がない」動画は視聴されません。

また、多くの人は動画を探す際に「検索」を行いますが、Youtubeは動画の内容を見て検索結果に反映させているわけではなく、「タイトル」にキーワードが入っていることが条件となります。

つまり、多くの人が検索しているキーワードをタイトルに盛り込むことで、あなたの動画を検索してくれる視聴者が多くなるということです。

もちろん、作った動画が魅力的でなければすぐに視聴を中止されてしまうわけですが、利用者の需要をいかにつかむかということは極めて重要なことです。

こまめにサジェストを確認して、「今はこんなキーワードが需要があるのか」ということをきちんと調べて、作った動画が検索結果に反映されるように仕向けましょう。

キーワードを調べてタイトルに反映することは、ネットビジネス初心者でも簡単にできることです、常に意識していきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ