ランサーズにYouTubeの動画作成を外注するコツ

スポンサードリンク

記事作成や動画作成を外注で依頼するために、

クラウドソーシングサービス「ランサーズ」を

どのように使えばよいのかということについて

解説している動画です。

 

レビュー★★☆☆☆

 

《ここがオススメ》

ランサーズを利用する際に

「どのように依頼したら良いのか?」ということを、

実際の依頼内容を参考にしてどういった部分を

参考にするべきなのかをわかりやすく

解説しているところがオススメ!

 

《この動画の要約》

 

【ランサーズの使い方】

 

・ランサーズ=クラウドソーシングサービスの一種

→記事作成・動画作成を「外注」するために利用する

 

・どういう風に依頼をすればよいのかわからない・・・

 

【どういう風にランサーズを使えばよいか?】

 

①ランサーズのトップページから

「仕事を探す」をクリックする

②検索欄にキーワードを入力して検索を行う

(動画作成なら「YouTube」「動画」など)

③仕事内容をクリックして

個別のページに移動する

④内容を確認する

(どういった風に依頼しているのかということ)

⑤参考にした内容を基にして、

自分なりの内容で依頼を出す

・既に同じジャンルで仕事を依頼している

クライアントが「どのように」仕事を

依頼しているのかを調べて、それを参考に

自分の仕事の依頼方法を決めるという方法

 

・ライバルの報酬単価を調べることで、

仕事を依頼するための報酬の

相場を知ることもできる

 

続いてランサーズで実際に仕事を

依頼する方法について解説した動画です。

 

【ランサーズでの仕事の依頼方法】

 

①ランサーズのアカウントを作成する

②アカウントにログインし、

ランサーズのトップページから

「仕事を依頼する」をクリックする

③依頼する仕事の「カテゴリー」を選択する

(動画なら「マルチメディア」「動画」「動画作成」

と言った感じで最適なカテゴリーを

選択すると食いつきが良くなる)

④「プロジェクト」「コンペ」から

仕事の種類を選択する

(基本的には「プロジェクト」を選択する、

「コンペ」はイラスト系の依頼でよく用いられる)

⑤依頼する仕事の細かい内容を

入力する(以前の入力方式を選んでも良い)

(以下⑥~⑪で解説)

⑥「依頼タイトル」を入力する

(食いつきの良いキーワードを入力すると良い)

⑦「依頼内容」を入力する

(同じ仕事内容ならテンプレを用意しておくと

楽に入力することができる)

⑧「募集の締め切り」を入力する

(内容次第によっては5日程度でも十分に人が集まる)

⑨「支払い方式」を選択する

(「固定報酬制」でないと面倒なことになる)

⑩「設定予算」を選択する

(仕事内容に適した金額、

最初は仕事量を少なくするので、

少ない金額で設定しておく)

⑪「希望納期」を入力する

(最初は少ない単位で依頼するので、

それに応じた納期を設定する)

⑫「内容を確認する」をクリックする

⑬「依頼を登録する」をクリックする

⑭募集が開始される

 

・依頼内容にも「最初は少なでで、

その後に本採用」といった内容を

記載しておくと後々便利になる可能性が高い

 

《一言》

アフィリエイト用のブログ記事の作成や、

YouTubeにアップロードする動画の

作成を自分で行うことは、

最初のうちは必須であると言えます。

 

しかし、ある程度そのビジネスが

軌道に乗ってきた場合には、

これを他の人に任せて自分は別の部分で

時間を使うことでより多くの成功を

得られるようになります。

 

そのための「外注」であり、

クラウドソーシングサービスを利用することで

仕事を請け負ってくれるワーカーを探し、

仕事を依頼すると同時に報酬の支払いも

サイトを通じて簡単に支払うことができます。

 

クラウドソーシングサービスは

ランサーズ以外にもさまざまなサイトが有り、

何らか特化しているようなサイトもありますので、

自分の依頼内容に適したサイトを

利用するのも良いですし、

ワーカーの多い大手サイトを

利用するのでも良いかと思います。

 

上手く活用することで、

腕利きのワーカーとの長期的な

依頼関係を構築することができ、

そのジャンルのビジネスの根幹となる記事や

動画の作成を一手に担ってもらうことも

不可能ではありません。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ