YouTubeで視聴回数を増やすバズ動画の作り方

スポンサードリンク

「バズる動画」を作る方法として、

大手ユーチューバーの「水溜りボンド」氏を

具体例として解説している動画です。

 

レビュー★★★☆☆

 

《ここがオススメ》

バズる動画の内容と、

それを作るための具体的な方法を

わかりやすい例を参考にして

解説しているので初心者でも

理解・実行がしやすいというところがオススメ!

 

《この動画の要約》

 

【バズる動画の作り方】

・バズる動画=再生数が多く、話題となるような動画

→話題性で再生数とチャンネル登録者数を

集めることができる動画、

知名度を高めることができる

 

・多くの動画投稿者が「バズる動画を作りたい」と思い、

「バズる動画を作るためには?」ということを考えている

→バズる動画の作り方は方法論としても

「目指すべき手法」の一つ

 

・バズる動画を作る方法を知る

一つの方法として「大手投稿者」の

動画やチャンネル運営方針をチェックし、

学び取る

 

・具体的な手法としては

「ネットやブログメディアなどの媒体で実績のあるネタ」を

持ってくることが必要になる

→ブログなどの文字媒体で

話題となったネタを探してきて、

それを基にして動画を作ることで

バズる動画になりやすい

 

・「文字媒体を動画にする」という方法が

最も「手軽」であり「確実」な方法でもある=SEOが弱く、

知名度の無いYouTube初心者向けの

方法であると言える

→具体例として「水溜りボンド」が挙げられる

 

 

【ユーチューバー「水溜りボンド」の手法】

 

・バズる動画の作り方・運用方法の

王道として参考にする

→バズることがわかっているネタを探してきて、

それを動画にするということ

 

・Googleの検索結果の1ページめに

YouTubeの枠が2つ存在する(同じ運営だから)

→競合する動画がなければ、

自分の動画を簡単にトップページに

掲載してもらうことができる

(競合相手がいないので知名度や再生回数が関係しない)

 

・その方法として水溜りボンドの

手法は賢いと言える=Googleの1ページめに

確実に表示されるような手法

→その手法を参考にすると効果的で、初心者でも再生回数が稼げる

 

・大まかな流れとして

 

①ネタを探してくる

②動画化する

③反応を楽しむ

 

・この方法のメリットとして

「ネタが尽きない」ということが挙げられる

→きちんと調べればいくらでもバズるネタは見つかる

→一からネタを作る手間が不要、確実性がある

 

・具体例として「50時間かかる最難関の迷路が~」の動画

→興味をそそるタイトル、多くのユーザーが気になる

→その結果として、1日で40万回以上の再生回数を叩き出している

 

・確実に「元ネタ」が存在する

→極端なキーワードを検索してみる

→迷路の件は、元ネタらしい記事が

数年前のものだった=古い情報である=

元ネタであることの証拠の一つ

 

・その手法を継続的に行っている

→次第に浸透していく

 

・ある程度の知名度があれば、

動画投稿からすぐに再生され、

回数を稼ぐことができる

 

【バズる動画が再生回数を稼ぐことができる理由】

 

・YouTubeを見るユーザーは子どもが多く、

古い情報(元ネタ)のことを知らない

→オリジナルの動画(元ネタがない動画)だと

錯覚させることができる

→大人は「どこかで見たことがあるな」

「このネタは知っているな」となる

 

・ネット歴が浅い新規ユーザーほど

この手法が効果を発揮する

→ネットで話題になった記事を

探してくるだけでネタを用意することができる

 

【この動画のまとめ】

 

・既に実績のあるネタを持ってきて、

それを動画にするという方法が

現状で一番確実に稼ぐ方法

→それを地道に継続していくということが

初心者にとって確実な方法

 

・再生回数を稼ぎたければ、まずはやってみる

 

《一言》

「バズる」とは、英語の「Buzz」が

語源となっている言葉で、具体的な意味としては

 

「特定の単語および物事・

ネタがインターネット上で爆発的に普及する」

という意味があります

(Buzz=蜂の羽音、一箇所に集まってざわざわする)

 

バズる動画は現状のSNSが発展した

インターネットコミュニティにおいて

重要な「シェア」を促進し、

多くのユーザーに自分の動画の存在を

知ってもらう事ができるのです。

 

いくら高品質な動画を作るためのノウハウがあっても、

限定的なユーザーにしか見られなけれ

ば再生回数を稼ぐことができません。

 

一度、自分の動画の素晴らしさを

理解してもらうことができればファン化しますので、

それからはチャンネル登録者の持つ

「再生の保証」の効果を発揮して、

投稿したばかりの動画でも爆発的な

再生回数が稼げるようになります。

 

今回の動画では「水溜りボンド」氏が

参考例となっていますが、

大手ユーチューバーの手法を

参考にすることは極めて有効な方法です。

 

それでも上手く行かない場合は、

「方法が間違っている」「動画が面白くない」

のどちらかでしょうか?

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ