YouTube自分の動画がパクられたとき第三者通報する方法

スポンサードリンク

Youtubeの第三者通報についての動画です。

レビュー:★★☆☆☆

《ここがオススメ》

Youtubeで他人の動画を無断転載しているのを発見した場合に、Youtubeに対して第三者通報をする方法について説明しているのがオススメ!

《この動画の要約》

・動画の無断転載を第三者が行う場合、Youtubeの運営に対してメールを送る必要があります。

・件名は「著作権侵害 第三者通報」

・本文は以下のようになります。

本文:動画削除依頼 著作権侵害 Youtube動画無断転載
著作権が適用される国:日本
本物URL:・・・・・・・・
コピーURL:・・・・・・・・
著作物のタイトル:・・・・・・・
著作者のチャンネル:(あれば)
動画の種類:・・・・・
動画の題材:違法コピー配信
作成日時:本物○○年~~
     偽物××年~~
連絡先メールアドレス
氏名(ユーザーネーム)
誓約書(コピペ)

《一言》

第三者通報ということは、「他人の動画」を「別の他人が無断転載」しているのを通報するということです。

なので、この行動自体は初心者が月に10万円稼いでいくのには直接関係しないことです。

しかし、あなたの動画が次第に人気を博して来れば、その人気を横取りしようとする不届きものは必ず発生します。

そういった時に自分で対応できれば良いですが、大きなコミュニティとなったYoutube全体を見回すことは、一人の力では難しいことです。

そういった時に、あなたの動画が無断転載されているのを発見してくれた第三者が通報してくれれば、早くに対応してもらえることでしょう。

そうした体制をYoutubeに浸透させるためには、あなた自身もまた無断転載を許さない立場の一人として無断転載を見つけたら第三者通報するという姿勢を維持するようにしましょう。

持ちつ持たれつということですね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ