QuickTimeの使い方!Macでパソコンの画面を録画できる!!

スポンサードリンク

Macのパソコンで動画の撮影と静止画の撮影、

および静止画の加工方法について

解説している動画です。

 

レビュー★★★☆☆

 

《ここがオススメ》

各作業を全てノーカットで解説し、

静止画の加工にはどのような種類があるのかも

実際に作業しながら解説しているところがオススメ!

 

《この動画の要約》

・静止画よりも動画のほうが情報が伝わりやすい

【画面の動画撮影の方法】

①パソコン右上の虫眼鏡マークをクリックする

②「QuickTimePlayer」を検索する

③QuickTimePlayerを起動する

④「ファイル」をクリックする

⑤「新規画面収録」をクリックする

⑥撮影を終了する場合には右上の「■」マークをクリックする

【静止画の撮影方法と加工方法】

①「Shift」「Command」「4」を同時に押す

②マウスで撮影範囲を設定する

③バッグのマークをクリックする

④図形のマークをクリックする

⑤丸のマークをクリックする

⑥表示された丸のマークを移動させる

⑦丸のマークのサイズと線の細さを変更する

⑧「T」のマークをクリックする

⑨テキストを入力する

⑩文字の位置や、「A」のマークをクリックしてサイズを変更する

 

《一言》

何らかの説明動画やパソコンの

ゲーム実況の動画を作る時などには、

パソコンの画面を撮影する必要があります。

 

その際には、静止画で説明するべきところと、

動画で説明するべきところをきちんと

使い分けることが重要です。

 

動きのあるところは動画で、

そうでないところは静止画でも十分に解説できますし、

静止画のほうが何かと加工しやすいので

説明動画の素材として最適です。

 

Macの場合、これらの機能を無料で使うことができるので、

素人でも簡単な説明動画であれば

過不足なく作ることが出来ます。

 

説明動画も需要があるので、

多くの人に役立つ知識やテクニックを

解説した動画を作成すれば、

多くの人の役に立ち、

再生回数を増やすことが出来ます。

 

特に、最新のソフトウェアやアプリケーションの解説動画は、

その使い方だけではなく使用感の解説もできるので、

多くの注目をあつめることが出来ます。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ