ライバルが少ないニッチキーワードを探す方法

スポンサードリンク

需要が高く、かつライバルの少ない

キーワード選定の方法について解説している動画です。

 

レビュー★★★☆☆

 

《ここがオススメ》

需要の高さとライバルの少なさを両立する

キーワードの見つけ方を、

実際にキーワード選定を行いながら

具体的に解説しているところが初心者にも

わかりやすくてオススメ!

 

《この動画の要約》

・需要がない=売れない

・需要がある=売れる
→反面、ライバルも多い

①検索エンジンで検索を行う

②検索件数を確認する

③検索キーワードの後ろにスペースを入力し、「サジェスト」を表示させる

④サジェストを含めて検索し、検索件数の少ない複合キーワードを探す

 

《一言》

記事を書く際には、どうしても「キーワード」という

要素を無視することはできません。

 

「ニーズ」と「ライバル数」を決める存在であり、

これを疎かにしてしまえばいくら良質な記事を

書いたところで誰にも見てもらえなくなります。

 

そうなれば、報酬を得ることも難しいでしょう。

 

とは言え、注目されるキーワードはライバル数が多く、

ライバルよりも良質な記事が書けるかどうか

ということもありますが、

検索結果の上位に表示されなければ注目されません。

 

何かと難しいところでもありますが、

当サイトでもさまざまなキーワード選定の

テクニックを紹介しています。

 

大抵の場合は何らかのツールを用いるのですが、

基本的に無料で利用できますし、

簡単な使い方で優秀なデータを集めることができます。

 

ネットビジネスの世界で生きていこうと思うのであれば、

キーワードの選び方と、その指標となるツールの

使い方はマスターしておく必要があります。

 

経験に基づく部分も多いので、

サイトを運営しながら身に着けていくので十分でしょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ