ビッグキーワードのずらし方(ダイエットや口臭など)

スポンサードリンク

検索数の多いビッグキーワードから

ライバルをかわすために用いる

「キーワードのずらし方」について解説している動画です。

 

レビュー★☆☆☆☆

 

《ここがオススメ》

どのようなキーワードのずらし方があるのか、

いくつかのキーワードの例を挙げて

解説しているところがオススメ!

 

《この動画の要約》

・ビッグキーワードに関して「検索ユーザーが何を考えるのか」を考える
→そこから別のキーワードを考え、広げていく

・「目的が何か?」を主軸に据えて、検索キーワードを想定する

・思いついたキーワードを「キーワードプランナー」で検索ボリュームを調べる

 

《一言》

単純なビッグキーワードでは、

アクセスを集めることは難しいです。

 

ビッグキーワードがアクセス数を持つことと、

そのアクセスを自分のサイトに

集めるということは別物なのです。

 

例えば大きなお祭りに屋台を出店しても、

お祭りの来場客全てが自分の店を

利用してくれるわけではありません。

 

似たような食べ物の店が数軒あれば、

より魅力的な屋台へと人は流れていってしまいます。

 

全体の人数は多くても、

いかにしてライバルをかいくぐって

人を集められるかということが重要なのです。

 

なので、ライバルとの「差別化」と「すみ分け」が必要であり、

そのための「キーワードずらし」なのです。

 

必要な物は「ずらしキーワード」であり、

これをきちんと設定しないとアクセス数は稼げません。

 

いかにしてライバルの少ないずらしキーワードを

盛り込めるかということが重要なのですが、

ビッグキーワードに関連性の薄い内容であれば

アクセスは集まりません。

 

誰も検索しないからです。

 

あくまでも「ユーザーが検索する」ことが条件で、

その上で「ライバルの少ないキーワード」が重要です。

 

これは知識だけではなく経験も重要な分野なのですが、

誰だって最初は初心者ですから、

最初のうちは勘に頼るなどといったことはせず、

きちんとツールを用いてキーワード選定を行うようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ