YouTubeアドセンスで複数アカウントを運営する方法

スポンサードリンク

YouTubeアドセンスで複数のアカウントを運営することにより

いざという時のリスクヘッジを行うことについて

解説している動画です。

 

レビュー★★★☆☆

 

《ここがオススメ》

なぜ、YouTubeアドセンスにおける

リスクヘッジが必要であるのか、

その点も解説しているので理解しやすくてオススメ!

 

《この動画の要約》

・YouTubeのアカウントが急に停止される可能性もある
→常にリスクヘッジを考える必要がある

・6ヶ月間の停止で紐付けするチャンネルが停止になる

【複数所持する方法】

・規約上、個人が複数所持することはできない

①個人名+住所A+個人口座A

②個人事業主+住所A+個人事業主口座A

③個人事業主っぽい名前+住所A+個人事業主口座B

④個人名+住所B+個人口座B

・IPアドレスは別でとる

・電話の登録はしない

・事業届けはしなくても良い

・家族に口座を用意してもらうことも有効?

・リスクヘッジ=何か起こる前に実行しておく

《一言》

稼ぐ方法が単体である場合、

それが何らかの理由で利用できなくなることで

収入がゼロになることは防がなければなりません。

 

当サイトでも別の動画紹介記事で

リスク回避や分散について解説していますが、

YouTubeの場合であればYouTube以外の方法でも

稼ぐことを考えることも必要です。

 

YouTube稼げ始めたらリスクを分散して収入を確保しよう

 

YouTubeメインで稼いでいる場合、

それ以外のブログアフィリエイトなどを

併用することも考えておきましょう。

 

なぜなら、仮にYouTubeという

サービス自体が終了してしまったら、

アカウントを複数所持していても全て使えなくなります。

 

運営会社の規模を考えればさすがに考えにくいのですが、

可能性としては決してゼロでもありません。

 

なので、YouTubeやGoogleとは直接関係しない

稼ぎ方についても手を出しておく必要もあるのです。

 

YouTubeメインで稼いでいる場合、

ある程度の規模まで成長したら

ウェイトを別のビジネスに向けて、

そちらの方も成長させていくことを考えておきましょう。

 

動画の性質上、ニュース記事動画などを

メインとしている場合であれば「外注」も可能になりますので、

ある程度ノウハウが整ったらYouTubeに対する

ウェイトを減らし、別のビジネスに注力して

リスクヘッジを行うことも意識しておきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ