ムービーメーカーでaviをmp4に変換してYouTubeにアップする方法

スポンサードリンク

avi形式で保存された動画を、

YouTubeのアップロードに適した形である

「MP4形式」に変換する方法について

解説している動画です。

 

レビュー★☆☆☆☆

 

《ここがオススメ》

ムービーメーカーに動画を読み込み、

編集してMP4形式で保存、

それをYouTubeにアップロードするまでの

一連の流れを全て解説しているところがオススメ!

 

《この動画の要約》

・AVI形式の動画をYouTubeにアップロードすると時間がかかる

・ムービーメーカーを使用することでMP4形式に変換する

①ムービーメーカーを起動する

②動画ファイルを読み込む

③「ファイル」「ムービーの保存」「YouTube」をクリックする

④ファイル名、動画の保存先を設定して「保存」をクリックする

⑤YouTubeにアクセスし、動画のアップロードを行う

 

《一言》

要するに、ムービーメーカーで動画を保存するにあたって、

YouTubeに最適な「MP4」の形式で動画を保存して、

それをそのままYouTubeにアップロードするということになります。

 

なら「MP4形式はAVI形式よりも優れている」

ということかといえば、その限りではありません。

 

例えば、AVI形式は汎用性に優れ

、MP4形式は高い圧縮率を誇ります。

 

最初からMP4形式にしていると、

編集などの多様な用途で用いるのに適しません。

 

動画の保存形式は、

その動画をどのような目的で使うのかによって

使い分けることが必要です。

 

常に同じ形式で保存するのではなく、

その動画をどういった目的で使うかを考え、

それに適した保存形式で保存することが求められます。

 

なお、保存形式によっては特別なコーデックを

インストールしないと再生できない場合も多く、

特に古いパソコンの場合だと最新の保存形式で

保存された動画を再生できない傾向にあります。

 

そうした点も十分に考慮して、

動画の保存形式について考えましょう。

 

なお、動画ファイルがどういった保存形式で

保存されているかはいくつかの調べ方がありますが、

簡単なものではファイル名の最後についている

アルファベットで識別することが可能になっています。

 

動画ファイルを開いても再生できない場合、

その拡張子を調べて必要なコーデックや

再生ツールをインストールしましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ