YouTube動画の音声(自分の声)を変換する無料ソフト

スポンサードリンク

YouTubeなどでアップロードする動画を作成する際に、

生の声に加工を施して別人の声のように変える

「ボイスチェンジャー」について

「Funny Voice」「MorphVOX Junior」の

2つを解説している動画です。

 

レビュー★★☆☆☆

 

《ここがオススメ》

 

2つのボイスチェンジャーを

それぞれ実際に使用してみて、

どのような声の変化が発生するのかを

わかりやすく解説しているところがオススメ!

 

《この動画の要約》

 

【Funny Voice】

・ピッチの範囲が広い

・ピッチを変えすぎると何を言っているのかわからない

・ピッチ変更くらいしかできない

 

【MorphVOX Junior】

・数人のタイプから音声を変換する

・効果音も付けられる

 

《一言》

ボイスチェンジャーと聞くと、

探偵ドラマなどで犯人が使っている

イメージが有りますかね?

 

とは言え、「自分の声を変える」ということは、

何も犯罪行為にだけ使われるわけではありません。

 

ネットビジネスにおいては、

実況動画を作成する際に自分の声を変えることで、

自分の正体がバレないようにすることができます。

 

ネット上で行ったアクションが原因で、

勤務先などにそれがバレることを

恐れている人も多いです。

 

事実、ネット上でのトラブルが職場にも

波及したという例は少なくありません。

 

自分以外の声を入れる方法としては

「ゆっくりボイス」などもありますが、

あれは字幕の入力にも相当な時間が必要になります。

 

「自分の声」でありながら「自分の声ではない」

というボイスチェンジャーは、

作業時間を短縮しながらも実況動画を

作成するために重要な役割を果たしてくれるのです。

 

ボイスチェンジャーは他にもさまざまなものが

無料で利用できますし、それぞれに得意な分野が異なります。

 

ボイスチェンジャーだけではなく、

さまざまなツールを使ってみて自分に

ピッタリのツールを見つけることも、

ネットビジネスにおいては必要なことなのです。

 

ちなみに「Morph」は「変化させる」といった意味があります。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ